心と気功

 

心(マインド)と気功

気功で幸せに生きる~問題を解決するのではなく、身体の感性を整えよう

目次1 問題に見えているだけで、問題は無い2 体験をちゃんと味わおう3 体験を受け入れる身体を作る4 未来への祈り 問題に見えているだけで、問題は無い この世界は矛盾でできています。良いことも悪いこと ...

心(マインド)と気功

気功と健康と幸せな生き方~ヒーラーが目指すべき境地

人間パワースポットになるには? 真のヒーラーとは、ヒーリングのスキルに長けているとかヒーリングの知識があるという条件を満しているというよりは、シンプルに人間パワースポットです。 つまりその人と出会うだ ...

心(マインド)と気功

楽になることを求めるから生きづらくなり、病気になる

目次1 気功は楽になるための道具ではない2 ゴールにふさわしい自分を求めずに、現状の最適化ばかりを求めるので病気になるし、人生が不幸になる3 身体性を上げ、自分の抽象度を高くするために気功を使ってくだ ...

心(マインド)と気功

気功で自分らしく生きる~ポテンシャルが高いのは「最高の私」か「ありのままの私」か?

情報場におけるポテンシャルエネルギーが高い方がインパクトが強い 情報にはエネルギーがあります。 気功とはその情報が有しているエネルギーを使って、自分や相手の心や身体(内部表現)に変化を起こす技です。 ...

心(マインド)と気功

気功で自分らしく生きる~モヤモヤしているときや焦りに駆られるときほど気楽にいこう

目次1 自分らしく生きるとは、未来の本当の自分に向かって歩んでいくこと2 物理次元の自分に縛られてはいけない3 未来の「本当の自分」を信じて気楽に行こう 自分らしく生きるとは、未来の本当の自分に向かっ ...

心(マインド)と気功

毎日がつまらないと感じるのは奴隷の視点でしか世界を見ることができないから

目次1 人生、誰もあなたのことを楽しませてはくれない2 自分にとって何が大切かを明確にする3 身体を緩めて、身体と対話し、未来の自分を知る 人生、誰もあなたのことを楽しませてはくれない 「毎日が本当に ...

心(マインド)と気功

気功で病気を治す・自分らしく生きる~日々ゴールを意識にあげて現実を揺らがせる

目次1 生きる目的を観ようとしないから病気になる2 現状の外に出るためのゴール3 本当の自分を観つづけるだけでいい4 なぜ「書く」必要があるのか 生きる目的を観ようとしないから病気になる なぜ人は病気 ...

心(マインド)と気功

気功で病気を治す・気功で本当の自分をとり戻す~自分と向き合い、気づきを繰り返す

目次1 気功とは自分自身の身体と向き合うこと2 無意識を意識に上げることの意義3 いつの間にか違う風景の中にいる 気功とは自分自身の身体と向き合うこと 気功は身体を動かしたり、気を出したり、気を感じた ...

心(マインド)と気功

気功で病気を手放す!願いを叶える!マインドと無意識を上手に使おう

意識で何でもやろうとするとうまくいかない 病気を治さなきゃ、問題を解決しなきゃ… 私たちは何でも自分でやろうとしすぎなのです。 「意識的」に頑張っても、実はあまりうまくいきません。なぜなら、あなたの行 ...

心(マインド)と気功

気功で健康になる~「身体で感じる気持ち」を無視することと、情動をコントロールすることは違います。

情動は身体反応です 自分のパフォーマンスを上げて人生をよりよく生きるためには、「情動」のコントロールは不可欠です。 情動とは、身体反応を伴う感情のことで、要するに、私たちが嬉しい!楽しい!むかつく!悲 ...

心(マインド)と気功

理想と現実のギャップにモヤモヤするときの「道(タオ)」的対処の仕方

認知的不協和とは? 今の自分が嫌だとかもっと幸せになりたいとか、病気が治ってもっと健康になりたいとか、今の自分ではない自分になりたいのであればまずゴールを設定することが大切です。 こうなりたいという方 ...

心(マインド)と気功

地獄の先に何があるのか、進み続けた者にしかわからない

生きることは、楽じゃありません。問題や苦しみの連続です。 よく、毎日毎日を安楽に生きるという意味で、毎日幸せに過ごしたい、楽しみながら人生を送りたいと言う人がいますが、そんな人生はありえません。人間で ...

心(マインド)と気功

神に触れ、神に出会い、未来の可能世界を創造しよう

私たちはゴールに関することしか体験しない セルフヒーリングをやったり気功をやったりしていると、脳はゴール側の様々な可能世界を垣間見せてくれます。 先日、生徒さんからこのようなフィードバックをいただきま ...

心(マインド)と気功

抽象度と意識レベルを上げて邪気から身を守る

目次1 邪気祓いは抽象度が命1.1 どんな邪気でも、所詮は情報にすぎない1.2 高い意識レベルであるほどエネルギー量が上がる1.3 身体性が邪気を遠ざけ邪気に耐えうる精神と肉体を作る 邪気祓いは抽象度 ...

心(マインド)と気功

気功で病気を治す~脳に認知エラーを起こす気功のからくり

目次1 現象を生み出す気の理論1.1 認知エラーを起こして現実を揺らがせる1.2 信念を書き換えて望ましい未来を手にする 現象を生み出す気の理論 現象の裏には必ずそれを作り出す「気」があり、それは別の ...

心(マインド)と気功

出来事の背景にある内なる自然の声を聞け!

すべては気の流れのうちにある 気功の世界では物事はすべて気の流れの中で流動的に生まれては消えていきます。例えばあなた病気病気になったとして、たしかにそれは辛い出来事かも知れませんが、しかしそれも、もっ ...

心(マインド)と気功

苦しみから救われたい時その信仰は誰に向けるか

心や肉体が、苦しいとき、辛いとき、痛むとき、人は何かにすがりたくなります。楽になりたくて、この苦しみから救ってほしいと本当に自分を誰かに預けてしまいたくなる。それで、例えば神社に熱心にお参りに行く人も ...

no image

心(マインド)と気功 身体と気功

生霊から病気になることはあるのか~気功の観点から解説します

目次1 そもそも生霊は存在していて害をなすのか?1.1 生霊は実在はしないが存在はするから人を苦しめることができる1.1.1 生霊はどうやったら消えるのか そもそも生霊は存在していて害をなすのか? 先 ...

心(マインド)と気功

気功師はまず自分の創造者であれ。でも創造者は孤独だ。

気功師は この世界が自分の意志と言葉でなりたっていることを深く理解しているべきです。 でなければ相手の「内部表現の書き換え」などとという、大それたことをする資格があるでしょうか? 内部表現を書き換える ...

心(マインド)と気功

気功の効果を最大限に引き出してゴールを達成するためのコツ

気功は魔法ではないので短時間で一気に効果が現れたり、誰でも一様に結果が出せるものではありません。 コツコツと地道に取り組みを続ける者だけが成果を手にして一歩一歩ゴールへと近づいていくことができます。そ ...

心(マインド)と気功

気功的人間関係のとらえ方~気功師たる者、隣人を愛せよ

目次1 隣人とは誰のことか2 人を通して自分を知る3 縁起から自分と相手を観る 隣人とは誰のことか 「汝の隣人を愛せよ」とは聖書の中のイエスの言葉で「善きサマリア人のたとえ」として知られています。あま ...

心(マインド)と気功

人生は修行じゃない、遊びだ!!

人は何のために生きるのか。なぜこの世に生まれてきたのか。考えたことはありますか? 私たちの魂がこの世に勉強に来ているとかこの世に修行に来ている なんて言う話も聞いたことありますが本当にそうでしょうか? ...

心(マインド)と気功

気功師の身体はストレスや情動を消化できる身体

どんなに高い未来の理想を語っても、どんなに楽しいゴールを思い描いたとしても、ストレスや情動に対して耐久力のない身体ではゴールを達成することなんてできません。 そもそも、そんな脆弱な身体では夢を思い描き ...

心(マインド)と気功

「邪気」を正しく理解し、邪気に打ち勝つ力を手に入れよう!

すべて自分が受け入れている よく、人の気をもらっちゃって具合が悪くなるとか、だれかの念を受けて自分が苦しい思いをしているとか、本気で邪気というものが実在すると考えている人や、自分以外の何かや誰かにすべ ...

心(マインド)と気功

他者を癒すためにはまず自分自身が自由になる必要がある

目次1 どれくらい自分が自分から自由になっているかが気功師の力量を左右する2 どうしたら自分を癒し、解放していけるのか3 まずはセルフヒーリングマスターを目指すべし どれくらい自分が自分から自由になっ ...

心(マインド)と気功

不安や焦りを力に変えるための魔法の言葉

目次1 行動を起こしてもすぐに結果が出るとは限らない2 不安や焦りは理想と現実とのギャップで生まれるもの2.1 現実が変わるしくみ3 変化を求めれば必ず無意識の抵抗が起きる4 気功を学びたい人やヒーリ ...

心(マインド)と気功

穢れは気枯れ~元気がない、気持ちがすさむ、傷つきやすい、過食…傾向の人への処方箋

目次1 穢れとは自分には必要のない情報を受け入れて本来の自分の力が発揮できなくなっている状態のこと2 気枯れは日常的にも起きる3 気枯れの祓い方3.1 1収功によって邪気を足の裏から抜く方法3.2 2 ...

心(マインド)と気功

コロナウィルスに対してとても恐怖を感じている人が今すぐ試みるべきこと

目次1 コロナに対する恐怖感が更なる感染拡大を招く2 恐怖は伝播する3 現代人にとっての「恐怖」とは実体のない心の中のイメージに対する無意識的な身体の反応にすぎない4 コロナの恐怖を書き換える具体的な ...

© 2021 三和氣功