空(くう)とは

 

 

「空」とは、釈迦の縁起の教えから弟子であるナーガルジュナとツォンパカらが確立した思想で、簡単に言えばこの世はすべて実体のない幻想であるということを端的に表した概念です。

 

 

この世界の縁起を最も単純化(抽象化)するとそれは「有るか無いか」というところにたどり着きます。

「有る」ということを理解するためには同時に「無い」ということを理解する必要があり、有ると無いは、縁起の中に存在しています。

これを仏教では「色」と「無」と言います。

 

「空」とは、「色」と「無」、すなわち「有」「無」という認識を超えた概念です。

 

それは、縁起全体を捉えた視点、あるいは縁起の外から縁起を捉えた視点から認識される概念です。

つまり、有るとか無いとかいう認識を含め、そうした縁起(関係性)の中でしか認識できないものはすべて実体のない幻想なんですよ。

というのが空の思想です。

 

よって、縁起で捉えたこの世の本質は空であるといえます。

 

色即是空 空即是色

という般若心経の有名な一節は、

 

この世はすべて

有ると思えばあるし、

無いと思えばないという、

幻想の世界だよ

 

という世界観を象徴的に物語っています。

 

そしてこの縁起や空の思想は気功への理解を深めるためにも非常に重要な考え方であり、気功師として必ず理解をしたい概念であると三和氣功は捉えています。

 

 

 

 

 

© 2022 三和氣功