三和氣功への道 心(マインド)と気功

苦しみから救われたい時その信仰は誰に向けるか

心や肉体が、苦しいとき、辛いとき、痛むとき、人は何かにすがりたくなります。

楽になりたくて、この苦しみから救ってほしいと本当に自分を誰かにまるごと預けてしまいたくなる。

それで、例えば神社に熱心にお参りに行く人もいるし、何かの宗教に帰依する人もいるし、同じような理由で気功師を頼ってこられる方もいらっしゃいます。


私は子どものころイエスキリストに憧れました。

本の中の彼のイメージがそのまま、私の仕事の原風景として心に残っているのです。

彼は貧しい人や病に苦しむ人を癒すとき「あなたは信仰があなたを救った」と言います。

その信仰は誰に向けるべきなのか?

神への信仰?
イエスへの信仰?

違います。

そう。あなた自身への信仰です。

あなたの意志によって生まれるあなたの未来への信仰です。

本当に救われたいのであればあなたが一番に信じるべきはあなた自身、あなた自身の言葉です。

それは信仰といってもいいくらいの、ある種崇拝とも呼べるほどの信じる意志を自分自身に向けるのです。

気功や宗教に頼って失敗する人の多くが、まさにこの部分が大きく欠落していると私は思います。

あなたが苦しいのは、あなた自身があなたを裏切り、あなたを欺き、あなたを救わず、あなたを見捨て、あなたを癒さず、あなたを光を求めることから遠ざけ、あなたを愛さなかった結果です。

あなたを救えるものはあなたしかいない。

あなたを癒しあなたを光へ導けるものは、あなたしかいない。

あなたを愛することができるのも、あなただけなのです。

誰にもその力がある。

神はあなたの頭上ではなくあなた自身の内にしかいない。

あなた自身が神の子だからです。

 

 

 

 

-三和氣功への道, 心(マインド)と気功

© 2022 三和氣功