氣功はなぜ効くのか

三和気功の気功施術について

三和気功では

・中国の伝統気功
・認知科学に基づいた内部表現の書き換え

これらを統合して気功による施術やセッションを行います。

中国の伝統気功には数千年の間受け継がれてきた方法論と技術があり、それを現代の認知科学や脳科学、心理学によって解釈しなおすことでオカルティズムやスピリチュアリズムに隠れていたスコトーマをはずして、科学的根拠のある効果を生み出すことができるようになりました。

三和氣功では「病気や問題は辞めるもの」としてとらえています。

なんとか手放したい問題や治したい病気であっても、それらをつくり出すのはあなたの脳(無意識)だからです。

病気であれ、その他の問題であれ、そうなりたくてなったわけではないにしろすべての原因は自分の中にあります。

だから辞めようと思えば辞められるのです。

三和気功のセッションはクライアントの皆様が問題や病気や問題を「辞める」ためのリードとサポートを目的としています。

こうした考え方に納得がいって、辞めてみたいなと思った方は気功を試してみる価値があるでしょう。

本当に病気をを治したい、問題を解決したい、望みを手に入れたいと考えるのであれば、まずはその問題をやめてその先にどうなりたいかを考えること、そして自分が始めた病気ならば自分で辞めるだけだ、現実を変えられるのは自分だけだというマインドセットが必要です。

そして、まずは十分に身体と心の疲れと緊張を取り、深く緩むこと、休むことからはじめていきましょう。
身体性が整えば、自ずと心のあり方が変わります。心のあり方が変われば、現実が変わるのです。

そして、ご自分がどうなりたいのか、何が望みなのか、しっかりと未来を見据えていきましょう。

そうしたプロセスを、常にあなたと一緒に進みながら必要なだけサポートしていきます。

伝統気功のパラダイム

「現象には、そのもとになる情報がある」

三和気創始者、馬光文はそのように言います。

たとえば、身体のある部分に痛みが生じるのは、そこに痛みを生じさせる「情報」としての「気」が存在していると
伝統気功では捉えます。

「気」は生命エネルギーであると言われていますが、本質的には気は「情報」であるというのが馬光文の示す伝統気功のありかたです。

伝統気功の世界観においては万物を生み、形作るものが気です。生命を生み出し、成長させ、滅ぼし、変化させるエネルギーであり、人間の思考や意識、感情といったものも「気」です。

このような観点から、気功では「身体」も「気」の一つの現れ=情報としてとらえます。

馬光文の説く気功施術とは身体に張り付いている古い情報(悪い気)を取り除いて、新しい情報(良い気)を上書きすることで身体が変化するという考え方のもとに成り立っています。伝統気功の本質は、情報による情報への働きかけであり、意念(イメージや意識、心のこと)の技術なのです。

科学的に気功のカラクリを捉える

何千年もの歴史を経てもなお現代に伝わっている気功は「仙術」として、超人的な能力やスキルとして扱われてきたという歴史がありました。

しかし、認知科学や脳科学などによって、気功のカラクリを科学的に捉え直すことで伝統気功をより高い視点から理解し、扱うことが可能となりました。

認知科学による気功とは「共感覚による内部表現の書き換え」として説明されます。共感覚とは、いわゆる「気」であり、気を感じる感覚のことです。

「共感覚」によって身体や脳に働きかけが行われる結果、無意識レベルで内部表現(脳と心)が書き換わります。

身体と脳の間では複雑なフィードバックシステムが働いて、常に心と体にとって一番安定した状態を維持しようと
情報のやりとりが行われています。

生体は常に、慣れ親しんだ安定的な内部環境(=現状)を保つように自動的に機能します。これをホメオスタシスといいます。心と身体は本能的に現状にとどまろうとします。それが生存本能にとっては一番リスクが少ないからです。

色々やってみるけれどなかなか結果が出ないということの理由は、現状を維持しようとする脳の働きによります。
臨む、望まざるに関係なく「現状」をできる限り維持しようとするのがホメオスタシスの働きだからです。

ホメオスタシスは身体の生理機能であり、つねに無意識に働いています。

現状を変えていきたいとき、このホメオスタシスシステムをスムーズに現状の外へと移行させる必要があります。

脳の仕組みを利用しつつ氣功での働きかけで無意識、潜在意識レベルで変化を促しながら、少しずつ、しかしながら確実に変化を積み重ねていくことが必要となります。

物理学や脳科学、認知科学などの分野において科学が証明したことは「現実」は自分の信じていることに合わせて
自分(=脳)が創り出しているということであり、その本質は「情報」であるということでした。

つまり、「現実」とは脳によって情報空間をリアルに体験しているに過ぎないということがわかってきたのです。

ですから「情報」を操作することができれば体験する現実は変えることができるというのが、気功を現代科学で解釈しなおした「共感覚」による内部表現の書き換えなのです。

病気や不具合は、無意識に入力されたアルゴリズムパターンにバグが生じているようなものです。そこに新しい関数として氣功を使って「気=情報」を入力してやれば、脳は、コンピューターがプログラムの再計算、再構築を始めるように、自動的にあなたのゴールに対して機能する新しいアルゴリズムを探し始めます。

その結果、症状が消えたり取り巻く状況や人間関係に変化があったり、自然と現状が変わっていくようになります。

自己変革のためのサポートプログラムメニュー

・7日間集中ヒーリング(トライアル)

・自己変革のための20日間集中プログラム

メルマガご登録


まずはメルマガにご登録ください。▶詳しくはこちら