新元号「令和」について

先日新しい元号が発表されましたね。
中国にいながらリアルタイムに日本国内のニュースが
入ってくるというのは、ありがたいなと思いますし、
インターネットという技術のおかげで
ずいぶん便利な世の中になったと感じます。

20年、30年前には考えられもしなかったことが
今では現実なっています。人間の力って本当にすごいですね。

とはいえ、日本人として日本で皆さんと一緒に
新しい元号が始まる5月1日を迎えられないことに
やっぱり少し残念な気持ちがします。

ただし、人間は情報空間に生きていますから、
たとえどこにいようと、情報空間においては
日本人の私は「日本」という国の内部表現に
深くつながっているわけで、
その意味ではどこにいても皆さんと一緒に平成から令和への
時代の区切りを体験出来ますね。

さて、この「令和」についてこんなご連絡をいただきました。
「先生は令和をどう思われますか。
私はなぜかとても嫌な感じを受けますが、
大丈夫でしょうか。」

令和、それを聞いた瞬間、私は
なるほどそうなんですね、くらいの印象を持ちました。
あまりこれといった印象がなかったというか笑
でも、明治、大正、昭和、平成、令和… と並べてみたりして
しばらく眺めていると、
なんかいいんじゃない、とても響きがいいし、
これからの日本の雰囲気をなんとなくまとっていそうでいいかもって
感じました。根拠はないけど…笑

しばらくしてニュースを見ていたら、
令和に関する様々な批判や、令和を問題視する意見や、
新元号に関する中国の反応など、
様々な情報がネット上にあふれていることがわかりました。

こうした何らかの情報に影響を受けて嫌だなと感じたり、
あるいは直感的に
自分の肌で感じる感覚で嫌だなと感じる場合もあるでしょう。

いずれにしても、
良くも悪くも決定してしまってもう覆すことも出来ない
「令和」という時代をどのように受け取るのか…

あなたが自由に採用した答えや価値が
あなたの世界にとって真実となります。

あなたのゴール側の世界の令和は
どんな時代であるべきでしょうか。
本当に大切なことはそれだけです。

あなたが体験したいように
令和を体験すれば良いのです。

でも現実はなかなか変わらないし、
やっぱり嫌な感じがするな…と思うなら
内部表現を書きかえるために気功を学べば良いのです。

「令和」がなんとなく嫌な雰囲気をまとっている、
そう見せているのはあなたの世界にだけ機能している
信念や価値観であり、無意識のアルゴリズムです。
あなたの世界でしかそれは機能しないので、
変えたければ自分で変えればいいのです。

誰しもが自分だけの世界に生きています。
どんな価値観も、信念も、結局自分で選択し、受け入れたものです。
私たちは驚くほどそのことに無自覚です。
でも、自分で選択して作り上げている現実であれば
自分が変えようと思えば、自分であれば変えることができるのです。

現実を自分の完全な自由意志で自分のために創造する、
その力を誰もが持っています。

ほんの数十年前には想像も出来なかった世界を創造する力が
誰の中にも存在しています。

気功はその力を自分のゴールのために
好きなだけ活用しようする人のための優れたテクノロジーなのです。

令和という時代をどのように受け取り、生きるかは
世間の批判や価値観がどうあれ、完全に自分次第です。
ご自分のゴールに対して、令和という時代をどう機能させたいですか?

 

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

関連記事

  1. この世界はバーチャルリアリティ

  2. ヒーリングのカラクリ

  3. なぜヒーリングの時間前から身体が反応するのか

  4. ネガティブを何とかしようとするな

  5. 過去と未来の綱引きを制す

  6. 身体を洗練する

  7. 内部表現が書き換わると当たり前に身体が変わる

  8. 伝統気功はイメージとともに身体を使うことで大きく身体性を書き換えます。…

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    20日間の変容のための集中プログラム
  2. 読む気功講座

    ヒーラーの手で気分が穏やかになります
  3. 読む気功講座

    無意識に委ねなさい
  4. 読む気功講座

    見たいものを見ているだけ

過去記事