好転反応~新しく生まれ変わること

ヒーリングとは、無意識の書きかえですから、
人によっては

ヒーリングの後は人によっては倦怠感や下痢、頭痛、感情の浮き沈みなど、
さまざまな不調が続くことがあります。

いわゆる好転反応です。

(フィードバック引用 30代女性 海外在住)
 

ヒーリングを受けてからの1週間、
何となく体調が変わりデトックスが行われた感覚がありました。
特に3日目くらいまで好転反応として頭痛と倦怠感が強かったですが、
次第に体が軽くなっていきました。
昔のことはあまり思い出せないというか、
フォーカスする必要がなくなり、
今日を生き未来に向かう気持ちがわいてきています。

ヒーリングにより無意識領域に未来のゴールに関する
新たな情報が書き込まれたことにより、
新しいパターンを構築しなおすための再計算が始まります。

好転反応とはそのプロセスの一部が身体に表れるものです。

なぜ、身体が反応するのかといえば、
身体とはすなわち無意識の計算のアウトプットそのものだからです。

ヒーリングであれ、カウンセリングやセラピーであれ、
病院の治療であれ、身体への働きかけであれ、心への働きかけであれ、
結局のところ実際にそれに対して反応するのは、脳です。

そうしたものは脳への新たな情報のインプットであり、、

どんなセラピーであれ、
薬剤であれ、
ヒーリングやカウンセリングであれ、

その結果としての身体や心の有り様は、
インプットされた情報に対する脳の再計算のアウトプットであると捉えると良いでしょう。

いったん、無意識のアルゴリズムの古い反応パターンにメスが入ると、

安定していた心と身体のホリスティックなシステムにアンバランスが生じます。

脳はこれに対して新しくバランスを作り出そうとして心と身体を書き換えます。
アルゴリズムに変化が生じた結果、新しい秩序が構築しなおされます。

そうした秩序の再構築が
顕著に身体上に表れることを好転反応だと捉えれば
わかりやすいと思います。

好転反応は数時間~数日以上にわたり続きますが、
おさまってしまえば身体のスッキリした感じや軽くなる感じ、
根拠はないけれど自分の内面で何かが変わった感のようなものが生じます。

象徴的に言えば「死と再生」であり、
まさに、生まれ変わったということですね。

そのようにして一枚一枚、過去の記憶によって作られた
古い殻を脱ぎ続けていくのがヒーリングプロセスです。

それによって、過去が書きかわり、今の自分が書きかわり、
そして同時に未来の自分も新しく更新されていくのです。

(但し、好転反応が数週間以上にわたって

続くようなときは医療機関の受診をお勧めいたします)

関連記事

  1. 身体を意識に上げるってどういうことですか?

  2. 無意識に委ねなさい

  3. どこまでも自分を更新していく

  4. 無意識は常に正しいのか

  5. ヒーラーの手で気分が穏やかになります

  6. まずはメルマガ「読む気功ヒーリング講座」にご登録下さい

  7. 未来へ希望をもたらす技術

  8. 憑依体質について

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 気功的lifeのすすめ

    頑張り屋さんは頑張ることにメリットなんかないこと…
  2. ヒーリングとは

    ヒーリングとは何か
  3. セルフヒーリング

    気功師やヒーラーになりたい人はセルフヒーリングマ…
  4. セッション

    変わりたいけど、変われない自分が嫌いと感じる人に…

過去記事