気功師養成プログラム

気功師養成プログラムは、中国からつたえられた伝統気功を
「共感覚による内部表現の書き換え」のパラダイムから捉えなおして、
より効果的に気功を実践して、人生をより健やかに幸せにしたり、
人生の目的や目標の実現のためにに活かして生きたい人のためのプログラムです。

気功を学びはじめると、
そこには実は終わりがないように見えるくらいの
身につけるべき膨大な量の知識や技術があることがわかります。

職人技とか、芸事の達人といわれる人たちは
どれだけ熟練しても、己の力量に満足せず技の洗練に勤しみ続けますが、
気功を実践するということも、それと同じであるといえます。

しかしながら、そのような抽象度の高い、奥深い世界も
基本がなければ探求ができません。
気功師養成プログラムは、まずその土台作りとしての位置づけです。
土台が出来れば、後はいくらでも自分なりに価値を上げていくことができると思います。

プログラムは全42時間です。
6ヶ月ほどの時間をかけて学んでいただきます。

メインとなるのは
セルフヒーリングと自己練習、そしてフィードバックです。

習ったことは実践する。わからなければ聞く。
そして、フィードバックをする。
それだけです。

そこにどれだけ丁寧に取り組むかで、
気功に関する理解度も、習熟度も違ってきます。

私自身の経験から言えば
・ご自身に向き合うこと、ご自身でコツコツ取り組むこと(練習、セルフヒーリング)
・先生と密なやりとりをすること(フィードバック)
・目的があること(ゴール設定)
がどれくらい先に進めるかの鍵になります。

レクチャー 6時間

1コマ1時間×6回

主な内容
・気功とは何か、気とは何か
・「共感覚」について
・内部表現とは?内部表現を書き換えるとは?
・心身一如、身体性と心
・伝統気功「意念」について
・経絡、経穴について
・丹田
・秘伝の気

実技 伝統気功とセルフヒーリング 30時間+自己練習+フィードバック

1コマ1時間×29回

プログラムが始まったら、
とにかく習ったこと、学んだことを利用して
ご自身で気功にどんどん親しんでいってください。

1伝統気功
身体性を上げ、気の感覚を育て身体の感性を磨く。
気功師にふさわしい身体作り。 
・拉気
・神龍出世
・振動平陰陽
・玉龍抱球
・開帯脈
・二心/三心採気…他

2セルフヒーリング、セルフワーク(技術伝授)
身体の感性を磨き、ヒーリングの感覚を養う。

3呼吸法
緩む身体の感覚、変性意識、身体的IQの向上。
・逆腹式呼吸を使ったリラクゼーション法

4フィードバック
日々の気功やセルフヒーリング実践の中で心と身体に起こる
気づきや変化、問題などを意識にあげ、メールでおくることで
心と身体が書き換わっていきます。

オンラインセッション 6回

1時間×6回
習ったことについての疑問、日頃感じている不安や問題、
目標、体調、様々なテーマについて
サポートを行うヒーリングセッションです。

スケジュール

1週目 理論1 実技1セルフヒーリング:ウナ、裏転子
2週目 実技2・3伝統気功
3週目 実技4・5伝統気功
4週目 オンラインセッション1

5週目 理論2 実技6セルフヒーリング:骨盤、仙骨、気海丹田
6週目 実技7・8伝統気功
7週目 実技9・10伝統気功
8週目 オンラインセッション2

9週目 理論3 実技11セルフヒーリング:気の球、ヒーラーの手
10週目 実技12・13伝統気功
11週目 実技14・15伝統気功
12週目 オンラインセッション3

13週目 理論4 実技16呼吸法とセルフヒーリング:ヒーラーの呼吸、幽霊の手、労宮、労宮メディテーション
14週目 実技17・18伝統気功
15週目 実技19・20伝統気功
16週目 オンラインセッション4

17週目 理論5 実技21セルフヒーリング:気を通す、気を流す、秘伝功
18週目 実技22・23
19週目 実技24・25
20週目 オンラインセッション5

21週目 理論6 実技26セルフヒーリング:召喚、封入
22週目 実技27・28
23週目 実技29・30
24週目 オンラインセッション6 主要技術アップデート伝授

※内容は一部修正・変更・追加になることがあります。

※スケジュールは、毎週一回、あらかじめ特定の曜日と時間を設定して進めますが、
ご都合にあわない時がある場合はその都度変更も可能です。

お申し込み

お申し込みは月末までに行ってください。
お申し込みの翌月からのスタートとなります。
下記のフォームにご記入の上送信してください。

【料金】 36万円
分割をご希望の場合はPayPalによるクレジットカード払いも可能です。

お申し込みフォーム

無料ヒーリング

facebookにて無料遠隔ヒーリングの告知を行っています。お気軽にご参加ください。詳しくはこちら

メルマガご登録


まずはメルマガにご登録ください。▶詳しくはこちら