邪気とはなにか

気功というパラダイムの中に身を置いていると
「邪気」という言葉は良く遭遇する概念です。

「邪気がついている気がする」
「邪気が溜まっている」

そんな感じで、皆さんこの概念を扱っていると思います。

私はもともと鍼灸師や指圧師として仕事をしていました。
こうした治療師やセラピストさん達にはわかっていただけると思うのですが、

人の身体を施術する日常に身を置いていると、
なんというか、その身体のある部分に
本人の力を削ぎ、疲弊させている何かしらがあるのが
感じられたり、見て取れることがあります。
まさに五感を使ってその情報を感じるという感覚に近いのですが、
なんとなくその部分が重たく感じたり、なんかにおうのです。
胡散臭いのです。笑

そういう感覚を「邪気がついてる」とか「邪気が溜まってる」と
表現するのです。

もしかしたら、長く続く痛みやどうしても良くならない凝りで
お困りの方であれば、
「私って何か邪気がついているんじゃないかしら」と思われることも
あるかもしれませんね。

さて、では気功師としてこの邪気をどう捉えれば良いのでしょうか。

まず、邪気を何か漠然とした概念として捉えるのをやめ、
きっちり自分の中に定義づける必要があります。

自分の言葉で対象を定義づけることで、
あなたはその概念なり、言葉なりを支配することが出来ます。
言葉にするとは、意識に上げるということです。
意識に上がればコントロール出来る、扱うことが出来るということです。

「邪気」とは、非常に曖昧で漠然とした概念です。
ふわふわとして輪郭のない概念です。

そうした情報に、我々は踊らされやすいし支配されやすいのです。

なぜなら我々は、はっきりしないもの、見えないものには
無条件に恐怖を抱く性質があるからです。

邪気がついていますよ、というだけで
我々はやみくもに、何かしら悪いイメージを付けて
その言葉がもつ影響力にのまれます。
そしてどう対処すればいいのか盲目的になります。

三和気功では「邪気」をこのように定義しています。

「気」とはシンプルに情報のことです。
情報なのですから、良いも悪いもないのです。
その情報が自分にとって機能するのかしないのか、それだけです。

よって、何か邪悪なものとしてではなく、
「機能しない情報またはアルゴリズム」として定義します。

それは、人の悪意や誰かに書き込まれた情報であったり、
様々な形で存在するでしょう。
しかしそれが何であれ、結局は自分自身が無意識レベルで受け入れた情報であり、
自分自身がつくりだしているのです。

そして、邪気に心も身体も乗っ取られて
自分の人生を奪われてしまう人というのは多いのです。
自分では身動きもままならないほど疲弊し、
にっちもさっちもいかない状況に追いこまれている人は沢山いらっしゃいます。

そんなとき、まずはヒーリングを受け少ずつ心身の力を回復しつつ、
自分で気功を操れるようになって自分自身にヒーリングを仕掛けていき、
邪気を自分で払えるようになっていくと、ゴールへのアプローチが可能になります。

「邪気」とはそもそも抽象度の低い情報でしかありません。
高い抽象度をもって書きかえればさくっと書きかえることが可能なのです。
そのために自らの知識を増やし、身体をつくり、抽象度を上げていきましょう。

 

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

関連記事

  1. 気を育てよう

  2. 「陰陽五行説」…陰陽論

  3. 私たちは情報空間を移動し続けている

  4. ヒーリングとは何か

  5. 目が楽になった

  6. 「病気は治してもらうもの」の落とし穴

  7. ぶれない自分になりたい人、他人の影響をすぐに受けてしまって苦しいと感じ…

  8. 馬先生の不思議

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ
  1. 2021.05.6

    気功とは何か

最近の記事

  1. 気功技術について

    気功とは何か
  2. お知らせ

    人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える
  3. 心(マインド)と気功

    生霊から病気になることはあるのか~気功の観点から…
  4. ヒーラーの日常(わたくし事)

    気功師が観た「マグダラのマリア」

過去記事