Sanwa Healing Works

ごあいさつ

さんわヒーリングワークス・三和気功のホームページへお越しいただき、ありがとうござます。

さんわヒーリングワークスは、その前身である「三和気功治療勉強センター」の時代から、「気功」を通して、身体を養い心を育てることで、沢山の方が幸せや健康を手に入れ、それぞれの夢や目標、生きる目的に向かって自由に生きていく力を手に入れるための活動を続けてきました

現在ではオンラインによる気功ヒーリングセッション、オンラインスクール、東京や大阪での対面セッション、気功教室などを通して、健康、美しさ、知性、強さを備えた身体と心を養いながら、お一人お一人の自己実現への道のサポートをさせていただいています。

気功ってなに?

中国の伝統的な文化遺産

気功とは数千年以上も前から中国で伝えられてきた文化的遺産であるといっても良いと思います。

武術や宗教と結びついて、身体性や精神性を高めて究極の境地にに至る修行法として伝承されてきました。

その中でも道教の世界感との関係は深く、生死を調超越する不老不死を得るための修行法として、超人的な能力を得て仙人となるための鍛錬法として秘伝として受け継がれてきた一面があります。

現在の中国では、万民の健康を向上させるための養生法として親しまれているようですが、それは心と身体を究極まで高めて行くための修行法であったという伝統がもとになっているということです。

現代における気功の意義

現代において気功といえば、怪しいとかいかがわしいとかいった一般的な印象があるという一面も否定はしませんが、少なくとも長い歴史を経てもなお伝承されて残っているということはそれなりの価値のあるものだからです。

でも、現代においては、仙人になることや修行をして悟りを開くこともあまり実用的なことであるとは言えません。仙人になったり、悟りを開いたからといって、現代人の社会的な生活がものすごく向上することにはならないからです。

ではなぜ現代という時代において私たちは気功をやるのでしょうか。

それは、身体と心を高めることでセルフイメージやエフィカシーやIQ(知性)をあげて、精神面でも、物質的な面でも豊かさや幸せを感じながら生きるためです。

伝統的な東洋の価値観にあるように、人間の精神と身体は一つのものです。それは単に相関関係にあるという、別々のものではなく、コインの裏表のように一つなのです。

現代において気功を学んだり、実践する意味は、高い理想(心)とその実現のための高いバイタリティー(身体)を手に入れるためといっても良いでしょう。

This image has an empty alt attribute; its file name is grass-sunlight-1024x683.jpg

気功を科学的に理解する

気功はその長い歴史の中でも、万民に対して開かれていたというよりはむりしろ、特殊な能力であり、秘伝として扱われてきました。

気功は魔法のようでもあり、神秘的であり、不可思議であり、超人的な特殊な能力の発現にみえます。

しかし、認知科学の視点で気功を捉えることによって、気功によって何が起きるのか、気とは何か、そのカラクリは完璧とは言わないまでも、論理的に十分説明可能になりました。

それによれば、気功とは共感覚による内部表現(脳と心)の書き換えとして捉えることが出来ます。

我々にとっての現実とは脳と心そのものです。その人の脳と心が認知した情報そのものが、それが客観的な事実かどうかは関係なく、その人にとって固有の現実をつくっているのです。

気というものが客観的に存在していようがいまいが、私たちは気を感じることが出来ます。これは誰にでもある程度備わっている感覚で、「共感覚」といわれるものですが、この共感覚を利用して、脳と心が認知している情報を意図的に書き換えることができる、それが現代科学の観点からみた気功です。

現実は私たちの心=脳が生み出しているので、脳と心を望ましい方向へと書き換えれば現実も望ましいものへと自由に変化させることが出来ます。その一つの有効な方法論と実践法として、現代において気功は意義があるのです。

この時代に、単に「不思議」とか「神秘」みたいな言葉で気功を捉えるよりは、科学という一つ高い視点から気功を理解することで、自己実現のために、より実用的に気功を扱えるようになると考えています。

気功を学び実践することで得られるメリット

気功を実践することで得られる具体的なメリットを箇条書きでわかりやすく示しておきたいと思います。

  • 身体性が上がる
    気功を続けていくと、自分の身体感覚が繊細になります。同時に姿勢や身体の機能が整い、自分を取り巻く様々な情報をより詳細に意識化できるようになります。当然自分の不調や、何かおかしいといったような違和感もキャッチできる能力が高まります。これを身体的IQといったりしますが、身体的な感性の繊細さは精神的な知性の裏付けでもあります。身体が整っていくので、体力(バイタリティ)も上がりますし、ボディラインも美しくなります。
  • エフィカシーやセルフイメージが上がる
    無意識のうちに自分に対して持っている自分に対するイメージや、自分の能力に対する信頼感が大きくなります。その感覚は「根拠のない自身」と表現されることもあります。その結果、目標や夢を自然に達成するようになり、人生を自由に生きることができるという感覚が養われていきます。
  • 心と身体の書き換え能力が上がる
    内部表現(脳と心)を書き換えるという感覚をつかんでいくことによって、無意識や変性意識を操り、自分や相手の心と身体を書き換えるスキルが身につきます。自分や相手の心や身体を変化させ、本人にとって望ましい未来へと導くスキルが身につきます。
  • 様々なゴールがみえてくる                    
    気功の実践により心や身体が変わってくると、それまで考えもしなかった未来やさらに高い理想がみえてくるようになります。あれやりたいな、これいいな、これができたらすごく面白そう…など、沢山のアイディアがわいてくるようになったり、生きることに対して純粋な楽しさや、充実感が生まれてきます。
  • 自分の人生を自由に創造するようになる
    気功に対する理解が深まると、現実や生きることに対する深い洞察が生まれます。これを抽象度が上がると言いますが、抽象度が上がれば上がるほど、自分の価値を自由に生み出して、より大きな世界のために生きるようになります。