ゴールセッティングの身体

ゴールをセッティングしつつ
ヒーリングを定期的に受けたり、
セルフヒーリングやセルフワークによって身体を整えていくと、
驚くほどゴール側の感覚や風景が身体とリンクしてきます。

例えばこのフィードバックなどは良い例です。

(40代 セラピスト)

気功技術「ゴール設定」をやっているとだんだん自信みたいなものが
強く感じられるようになりました。私、大丈夫、出来るみたいな感じです。
この感覚は今まで感じたくても感じられなかったというか、
ずいぶん前に忘れてしまったというか、封じ込んでいたような感覚のように思えます。
何度も体感したくてやっています。

体感としては、ウナから会陰につながり、そこから身体の中に軸が通るような感じです。

この感じをいつも感じていたいと思ってしまいます。
身体がリラックスして楽になるというより、気分が上がって元気になる感じで、
今までやってきたセルフヒーリングとはまた違う方向性だと思います。

 

「ウナから会陰につながり身体を貫いていく」
ゴール側の感覚とはまさにこのような感じです。
私たちにとってゴールとは身体を貫いて天に昇るほどの力を持っています。

気分を上げ、元気にしてくれるもの、
それがゴールです。

ゴールと出会ったとき、
私たちの心と身体がそのように反応するのです。
良いゴールとは、どうしても心と身体がそちら側に動こうとしてしまう、
そういうものです。

誰に止められても手に入れたくなるもの。
いつもいつも感じていたい。
まるで、「恋」ですね。

ゴールセッティングには
この恋い焦がれるような感覚がぴったりです。

「ウナから会陰を通り、身体の中心を貫く」
このような体感を得ることが出来るようになると
ゴールの感覚が身をもってわかるようになります。

ゴールとしてふさわしいもの、そうでないものの区別や、
自分をゴール側に書きかえてくれるものなどがよくわかるようになります。

あ、この本読みたい、これ食べたい、
この人の話を聞きたい、ここへ行きたい…など、
ゴールに関する情報が自分にとってわかりやすくなります。

良いゴールを設定することが出来ると
フィードバックの精度が上がり、書きかえもスピーディになります。

今の現状を脱却して前に進みたいのなら、
あれこれ頑張ってやるより、
まずは目の前にある自分の身体に向き合っていくことが賢明だと言えます。
その中で見えてくるものがあります。
見えてきたものを丁寧に拾い、ゴールをセッティングし続けていくと
まるで呼吸をするかのごとく自然に現状の風景がゴール側へと変わります。

自分の身体を出来るだけ詳細に意識に上げる、
ヒーリングをする、ゴールを見つける、
さらに身体を意識に上げる… この繰り返しが実は大きな成果を生み出します。

気功をつかってまずは身体を洗練する、
ここから新しいストーリーが始まりますね。

 

 

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンライン講座
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

 

関連記事

  1. 頑張ることのリスク

  2. 書きたいけど書けない、ものすごく抵抗があるゴール

  3. 愛されることより愛することを!?

  4. 気に対して敏感すぎるんですが…

  5. 俯瞰してみるための心と身体

  6. 自分がいかに冷えていたのか~ヒーリングで自分に気づくこと

  7. 内部表現が書き換わると当たり前に身体が変わる

  8. Want toに出会い、Goalを見いだす

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    書きたいけど書けない、ものすごく抵抗があるゴール…
  2. 読む気功講座

    現状にとどまることも生命の大切な選択肢です。
  3. 読む気功講座

    ゴール側の風景を味わう
  4. 読む気功講座

    遠隔ヒーリングのデザイン

過去記事