準備が本当に大切です

読む「気功教室」です。 気功講座の受講を開始した皆さんに初めにお伝えするのは、気功を始める前に必ずやっていただきたいことです。 馬先生はそれを「気功の準備」といっていますが、 つまり姿勢と呼吸を整えふさわしい状態を作ってから気功を始めてくださいという意味です。 受講を始めるとどんどん気功を教えていきますので、毎回毎回新しいことに取り組むことに夢中で一番最初にやった「準備」のことはとかく忘れてしまわれがちですが、実はこの準備が身についているのといないのとでは、どんなに新しい気功を教わっても、とってももったいないことをしているように思います。 では「準備」のやり方をご紹介しますので、ご興味のある方はやってみてください。 まず初めに両足を肩幅に開いて立ちます。この時足の親指が内側にも外側にも向き過ぎないように気を付けます。 次に骨盤に意識を向け、骨盤が後ろに傾き過ぎている(お尻が突き出ている)と感じたら少し前にひっこめます。今度は前に傾き過ぎているように感じたら少し後ろに戻し、ご自身の感覚で骨盤がちょうどまっすぐになるように調整します。 そして頭頂から1本のひもで天井から引っ張られているような感じで頭をまっすぐ保ち、肩の力を抜きます。この時自分が猫背だな~という感覚があれば、肩甲骨を少しだけ引き寄せます。 膝の力を ふっと 抜いて立ちます。 臍の下の丹田といわれるあたり、具体的にはおへその下自分の指4本分のところくらいまで、肛門や女性であれば尿道をキュッと引き上げるようにごくごく軽く力を入れます。 最後に、丹田から両足へと意識を動かし、足の裏まで持っていきます。足の裏から地球の深く中心のあたりまで意識が伸びてしっかりと結合するようなイメージをします。自分がしっかりと大地とつながって立っていると感じたら、もう一度体に余分な力が入っていないかを確認してみます。 以上のことを行うだけでも体のエネルギーは整ってきますよ。 毎日5分でも継続すると価値があります。

関連記事

  1. 気功ダイエットではどんなことをするのですか?

  2. 読む気功講座ミニレッスン

  3. 「陰陽五行説」…五行説

  4. 気功痩身のメリット

  5. こんなに体が軽いなんて!

  6. 龍の気功

  7. 「天気病み」と気功

  8. 個人指導です

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    伝授ってなに?~そのカラクリを知る
  2. 読む気功講座

    本当の自分に出会いたい!~Goalってなに?
  3. 読む気功講座

    身体の毒素ってなんですか?
  4. 読む気功講座

    自分自身への信頼度「エフィカシー」とは?

過去記事