身体と気功

気功で病気を治す~足下から身体を書き換えよう!

2021年6月6日

人間は立つ生き物である

あらゆる動物の中で、「立つ」ことをするのは人間だけです。

どんな脊柱動物も基本的に二足で立つことをしません。

立つことこそ、ヒトをヒトたらしめていると言えるのではないのでしょうか。

どんな立ち方をしているか、どんな姿勢で立っているかはその人の生き方、どのように世界と関わり、どのように自分を扱っているのかを映し出します。

自然体で堂々と立つ人を私たちは美しいと感じます。スラリと立つその姿勢は自分に一切の無理がなく、無駄な力みがありません。

それはそのまま人生に対するその人の姿勢です。

健康と美しさを実現するにはまず足裏から

立つ時に体重がかかる足裏はまさに私たちの「根」であり、土台です。足裏にかかっている自分の体重を意識することで身体は大きく変わっていきます。

足裏の意識は身体の軸の感覚に大きな影響を与えます。そしてもちろん身体の軸は心の軸でもあります。身体の有り様と心のあり方は同じものであり、地続きであるというのが気功の考え方です。

ですから身体を変えていくことで、その人の感性が変わり、発想が変わり、心のあり方が変わって行動や発言、性格まで変わっていきます。

身体と向き合うことはすなわち心と向き合うこと。身体と心は抽象度が違うだけで私たちの内部表現(内的世界)そのものです。

さて、三和氣功では身体の軸の感覚をより明確につかむために、まず足裏の「ウナ」というポイントを意識にあげることを推奨しています。

「ウナ」は本来立つ時に体重が集約されるべきポイントでありここを中心に立つことができれば無駄な力が抜け身体のあらゆる動きのパフォーマンスが上がります。

ウナは高岡英夫先生の提唱する内くるぶしの真下にある身体意識です。

ウナを中心に立つことを意識できるようになればふくらはぎや太ももの筋肉が書き換わり始めます。普段使われていなかった内ももや坐骨(ハムストリングス)が働くようになり、骨盤の位置が変わり、美しいヒップラインやレッグラインがつくられます。

下半身の変化はそのまま上半身を書き換え、ウナ一つだけでも身体そのものに大きなインパクトを与えます。

足下から生まれる爽快感や泰然とした感覚が自然治癒力を目覚めさせる

ウナとハラ(腹)は密接にリンクしていて、ウナが意識できると「腹が据わる」と表現される下丹田の充実感も得やすくなります。

堂々としていて、泰然としていて、無駄な力のない、それでいて優雅な感覚です。

この感覚が身体から生じてくるとセルフイメージも自尊心も一気に上がります。

ウナや軸を意識にあげる訓練をしてもらうと、背が高くなった感じがするとか自分が大きくなった感じがするというフィードバックをよくいただきますが、この身体的な感覚の変化は同時に心を書き換えてもいるのです。

ウナに気功をやると
ウナ~内もも~坐骨へと気感がのぼって
下丹田へとつながっていることがわかります。
立ったときに、

なんというか

自分がモデルになったかのような
気分になるのです。

ものすごく気分がいい。
堂々としていられる感じがします。

(クライアントさんのフィードバックより)

上記のような感想はまさに「ウナ」で立つことで生まれてくる感覚かと思います。

この泰然とした感覚、爽快感、堂々とした感覚…

繰り返し繰り返しこうした感覚を味わっていくことで、私たちの自己認識に変化が起き、泰然として堂々とした自分にふさわしい身体へと変化していくのです。

自然治癒力が上がり、体力がつき、若々しく堂々とした身体へと自然に書き換えられていくのです。

メルマガ
メルマガご登録の際には無料のプレゼントがあります!
公式LINE
お友達追加特典①気を出す気を感じる能力伝授②潜在意識からのメッセージ プレゼントします!
facebookページ
いいね!やフォローしていただけるととても嬉しいです!
無料個別体験&ご相談会
気功やヒーリングに興味はあるけど、いったいどんな風に自分の役に立つのだろうか?どんなコースが自分に合っているのだろうか?そうお感じの方はまずは気楽にご連絡をください。ざっくばらんにお話しいたしましょう。
◇体験セッション
気功が自分に合っているのかどうかわからない、お試しで気功を受けてみたいといったご要望にお応えする体験セッションです。
◇体験・入門講座
伝統気功入門(全4回/4時間)
気功体験1dayレッスン
いずれも気軽に気功を体験できる入門的な講座です。
お楽しみイベント
体験や交流を目的としたお楽しみイベントを不定期で開催しております!気功やヒーリングの世界ってどんな感じ?三和氣功のことがもっと知りたい!そんな方は是非遊びに来てください!

-身体と気功

© 2021 三和氣功