お知らせ

気功は自律神経のバランスを取るのに有効です

自律神経は私たちの意識に左右されずに自動的に身体をその時の状況や環境に合わせて適応させるための様々な働きを担っています。この中枢は脳の中にありますが、目まぐるしく状況や環境に変化が起きたり、過剰なストレスや、緊張、過労、睡眠不足などが続くと自律神経中枢がそれに対応しきれなくなって、休息すべき時にも神経が興奮し続け、消化や解毒、排泄といった内臓の機能に変調を起こさせ、集中すべき時にも集中力が低下したり、動悸や発汗の異常、肩こり、頭痛、不眠、過食、その他様々な不定愁訴となって体に表れてきます。

気功治療は、日ごろスイッチがオンになり続けがちな交感神経(自律神経の内の一つ)と副交感神経(自律神経の内の一つ)のバランスを整え、過剰な緊張から心身を開放することで、体の免疫機能や自己調整能力を高めることができます。身体が自分で治る力をサポートするのです。定期的に施術を受けていただくことで自律神経が乱れることの予防ができます。
また、気功を自分自身で日々行うことによって、やはりストレスや緊張、過労の悪影響を避け、身体の健全なバランス機能を損なうことなく生活ができます。

いずれにしても、自律神経の失調を避けるには、ご自身で意識的に生活をすることが必要です。

-お知らせ

© 2021 三和氣功