目が楽になった

目の疲れを訴えていた男性の患者さんがいらっしゃいました。目の症状は肝臓と深いかかわりがります。

肝臓がつかれると、身体の解毒がうまくいかず身体が疲れやすくなったり、気持ちがのびやかにならずにイライラしたり、

肩こりや頭痛、げっぷ、胸のつかえなど、気滞によって生じる症状が出たりします。

そこで目に働きかけるとともに肝臓の調子を整えながらの治療を続けたところ、

数回の特別治療で目が良く見えるようになったと喜んでくださいました。

関連記事

  1. 人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える

  2. 私の楽しみです

  3. 長時間の作業に注意!!

  4. しびれがとれました

  5. コロナパンデミックで無力感や不安に支配されている人達が目を向けてみると…

  6. ホメオスタシス~最大の敵

  7. ありのままの自分を観るとは

  8. どこでも遠隔治療

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ
  1. 2021.05.6

    気功とは何か
  1. 2021.05.7

    秘伝功の奥義

最近の記事

  1. 病気と気功

    病気や症状、不調不具合をどう捉えて気功を活用する…
  2. 気功技術について

    秘伝功の奥義
  3. 気功技術について

    気功とは何か
  4. お知らせ

    人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える

過去記事