目が楽になった

目の疲れを訴えていた男性の患者さんがいらっしゃいました。目の症状は肝臓と深いかかわりがります。

肝臓がつかれると、身体の解毒がうまくいかず身体が疲れやすくなったり、気持ちがのびやかにならずにイライラしたり、

肩こりや頭痛、げっぷ、胸のつかえなど、気滞によって生じる症状が出たりします。

そこで目に働きかけるとともに肝臓の調子を整えながらの治療を続けたところ、

数回の特別治療で目が良く見えるようになったと喜んでくださいました。

関連記事

  1. 炎症が治まりました

  2. ゴールがなかなか出てこない、フィードバックがなかなかとれないという時は…

  3. 病人をやめる

  4. 気功の効果を最大限にひきだすためのポイント

  5. 成長するということは、やっぱり大変なことです

  6. ヒーリング体験をご提供します

  7. ヒーリングデザインを更新しました

  8. 無料遠隔ヒーリング企画 身体に心が宿る

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. お知らせ

    打たれ弱い人が理想を追い求める前にしっかり取り組…
  2. お知らせ

    初心者の自覚がある人はまず身体を意識に上げること…
  3. 身体と気功

    病気は廃するべき悪者なのか?
  4. 気功技術について

    死と再生のプロセスを促して癒しの先へ行く

過去記事