頑張っても頑張っても気が出ない、気がわからないと思っている人へ

気功を始めたばかりの時は
気功をやるときに、
ついつい
気を出そうと出そうと頑張ってしまいがちです。

頑張ったって出ませんよ(笑) 

むしろ頑張るほどに緊張が生まれて
気の感覚は遠のきます。

気は意図によって動きます。

意識の向いたところに気は集まります。

伝統的な氣功では

気は「意念」であると

教えます。

なので気が出ると思えば出てます。

ただその感覚に慣れていないので

最初はわかりにくいだけです。

リラックスして

感じてみようとすれば

だんだんと意識に

上がってくるようになります。

それでも

まだうまくいかないときは

気は手から出すものだと思わずに

気は全身を止めどなく巡っていて

すでに手のひらから気が出ていると
イメージすればいいかもしれません。

氣功の世界観では

この世界はすべて

気の作用によって変化しているし、
生まれているし、

全ては気で

できているのです。

物質であろうと物質でなかろうと
あらゆる空間には気が存在しています。 

自分の肉体も思考も感情も

気です。

そして自分を取り巻いている

この空間も気です。

自分が下手くそか鈍感かで

気が出ていないんだと感じるのは

ただの勘違いです。

あなた自身が気そのものですから。 

気が出ないわけがない。

とまあこんな風に考えてみると
ちょっとは気が楽になって
気が出るかな?

いずれにしても

気を感じたり出したりするのは
誰にでもできます。
そんなに難しいことではありません。

関連記事

  1. 下丹田をつくろう!

  2. 保護中: 心包と五腑、三焦

  3. 心身一如の鍛錬法

  4. 期待による自縄自縛から抜け出せば本当の姿が見えてくる

  5. 何が一番大事か

  6. 馬先生の いい話

  7. ただのマッサージじゃないんだね と言われたい整体師さんへ

  8. 「気功」整体です

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ
  1. 2021.05.6

    気功とは何か
  1. 2021.05.7

    秘伝功の奥義

最近の記事

  1. 病気と気功

    病気や症状、不調不具合をどう捉えて気功を活用する…
  2. 気功技術について

    秘伝功の奥義
  3. 気功技術について

    気功とは何か
  4. お知らせ

    人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える

過去記事