気功技術について

氣功で心の傷も身体の不調も癒す~全面的に「OK」であり、何でも「大丈夫」からスタートする

問題があることを前提に相手を見るとどうなるか

「相談者や患者さんは何らかの問題を抱えている、だからこそ私のもとにやってきた」という見解は、セラピーやセッションに関わっている人達にはごく当たり前の認識かも知れません。

実際相談に来る人は悩みや問題を感じているからこそ、セッションやセラピーなどに解決の糸口を求めるのでそれは間違ってはいないでしょう。

しかし、セッションやセラピーを施す側が、相手のことを「問題があること」前提で観てしまうとどうなるか。

特に非言語の働きかけである氣功やヒーリングや瞑想のスキルを学んだ者やそのスキルに長けた者が、相手を「この人は問題がある、この人は傷ついている」という前提でコミュニケーションを取るとどうなるか。

その点は、多くのセラピストやコーチ、カウンセラー、ヒーラーさんの盲点になっていることではないかと感じます。

問題の解決を求めて頼った相手にそのような観点から意識を向けられることは、クライアントにとって致命的なダメージを与えかねません。

なぜなら問題があることを前提に相手を観た途端、相手は自分の問題を強化することになり、また自尊心やセルフイメージを下げることになるからです。

非言語の部分では「あなたは問題だよ」「あなたはかわいそうな人だよ」等と言ったメッセージを相手に投げていることになるからです。

そして当たり前ですが、そのような視点で始まったセラピーやセッションは上手く機能しません。エフィカシーが全く上がらないからです。

私自身の経験では、「あなたは傷ついているよ」「この傷を癒さないとあなたは先に進めないよ」などと言われて始まったセッションやコンサルは、非常に心地が悪く、エフィカシーを下げるだけでした。

セッションやセラピーにおいては、ほとんどの場合セラピーやセッションを施す側に、情報空間における支配権と主導権があり、故に、癒したり力づけたりする代わりに容易に相手の無意識に介入してダメージを与えることも出来るので、場合によっては、本当にトラウマになるほどのダメージを相手に与えることが出来ることを私たちは知らなければなりません。

 

Everything is OK からしかコミュニケーションを始めてはいけない

セッションやセラピーにおいては、相手がどんなに問題を抱えていようが、どんな行動をし、どんな感情を感じていようが、それを全面的にOKとすることからしかコミュニケーションを始めてはいけません。

相手を批判したり、同情することは、相手にとって何の利益にもなりません。

今が問題であることを前提に未来を観ても、問題のある未来にしか到達できないのです。

問題があることを前提にすると、常に問題がある未来しかやってこない。

だから、相手がどんなに傷つき、問題を抱えていて、荒れ狂っていたとしても、「あなたは素晴らしい!」そして「あなたは絶対に大丈夫だ!」というところから始めるべきなのです。

(ただしその言葉を直接相手に伝えれば良いのかというとそうとは限りません)

少なくとも、相談者は「I am not ok」という認識を持っているので、そこをセッションやセラピーを施す側がそのように認識してしまっては、上手くいくはずがないのです。

最終的に、本人が「I am  ok,  everything is ok」という認識に変わればすべて上手くいきます。

結局は、自分が何を認識しているのかが現実を創り出すからです。

私が「相手以上に相手のゴールを信じろ」とたびたび発言するのはこの理由からです。

先にも述べたように、セッションやセラピーの場においては、基本的にセラピーやセッションを施す側に臨場感空間の支配権があるので、あなたが確信を持って相手を信じ、あなたは素晴らしい、あなたは大丈夫だと思えれば、施術の基礎はもうそれで十分なのです。

 

セルフヒーリングの目的

「すべてOK、すべて大丈夫」

それは、誰かに対してだけではなく、自分自身に対しても同じです。

あなた自信が何かの問題にぶつかったり悩みを抱えた際にも、何に対して自分は「I am not ok」と感じているのかを見極めて、「I am ok」と認識を変えてしまえば良いだけです。

ただし、言葉で自分に言い聞かせても抵抗を生む可能性があるので、身体に働きかけるほうがいいでしょう。

自分の身体をなでたりさすったりしながら、大丈夫だよ、OKだよと語りかけるだけでも良いし、非言語の働きかけである「氣」という手段を使っても良いでしょう。

あなたのどんな感情も、どんな行動も、どんな失敗も、どんな選択も、性格も能力も、どんな外見も、あなた自身がそれでOK、私は素晴らしい、大丈夫と思えれば、それで十分です。

そこからスタートすればゴールに続く新しい道に乗り換えることが出来るからです。

いずれにしても自分にしろ、相手にしろ、「すべてOK、すべて大丈夫」と心から実感できるように、無意識に対して少しずつアプローチをかけていくことが大切であり、それがセルフヒーリングの一番大切な目的となります。

そして、そのような自己認識に至った者がヒーラーとなることで、相手以上に相手を信じて相手の本当の力や価値を引き出せるようになっていきます。

 

人生を変える、自分を高める、自分と人を癒すことなどに氣功を活用できるのでは? ピンときたら今すぐご連絡下さい!

気功にご興味のある方は毎月開催している気功教室や不定期で開催するお茶会にて自由にご質問ください。日頃感じていらっしゃる課題やお悩みに関する疑問に対しても、気功やヒーリングの観点からお答えいたします。

開催のお知らせはメルマガで確認できます。

三和氣功では

・もっとお客様に喜ばれたい、もっと質の高いサービスを 提供したいと思っている癒やし系職業の方、コーチやカウンセラーさん

・病気や慢性的な症状とのよりよいつきあい方、辞め方を模索中の方

・生きづらさ、行き詰まりから脱却したい方

に対して氣功をお伝えしています。


氣功を学ぶことを通して、みなさんがそれぞれに一歩ずつ前に進まれ、人生の楽しみ方や作り方を手に入れられています。

お客様の声はこちら

-気功技術について

© 2022 三和氣功