病気に対するヒーラーの視点

先日クライアントさんからこんなご質問を受けました。

「治療するとか、治すとか、取り除くという発想は、
問題があるとか病気であるという前提作ってそれを強化してしまいませんか?」

とても、よいポイントをついていると思います。

ヒーリングをするときに限らず、何か行動や選択をする際に、
自分の中にどんな前提があるのか、
どんな前提をもってその行動や選択をしようとしているのかに
注意深くなることはとても大切なことです。

例えば、所詮人のことは信じられないんだから…
という前提で世の中や人をみていると、
人はやっぱり信じられないという信念を強化するようなことしか見えなくなるわけですね。

確かに、治すとか取り除くという発想は、
治すべき問題や取り除くべき問題の存在を強く想起させます。

この場合のポイントは
痛みとか病気とか、症状といったものを
なにか「悪いもの」という前提で観ていることが問題です。

身体に表れる現象は結局は自分自身なので、それを
排除するべきネガティブなものとして観ると、
ヒーリングする相手や自分にも
低いイメージを強化して書き込んでしまう恐れがあります。

例えば病気になってかわいそうとか、守ってあげなきゃとか、
なんとかしなきゃとかみたいな発想で相手や自分を観ていたとしたら
裏にあるのは「弱い」とか「無力」…という情報ですよね。

身体にでてくる現象もやはり自分の無意識が出してきたもの、
いわば自己表現であり、自分自身なので、
基本的には尊重すべきものなのです。

ただ、そこにおそらく機能しない情報が書き込まれているだけだ
という認識がヒーラーとしては適切かなと思います。

単純化してみると、
機能しないアルゴリズムが身体の機能不全や不具合を生じさせもするし、
セルフイメージが書きかわることで身体も書きかわるという視点を持っているかどうかが、
施術や治療といった行為のレベルを左右することになります。

ですからヒーリングにおいては
問題を取り除くとか病気を治すというところに視点を固定させるのではなく、
常に高いセルフイメージを無意識に書き込むような
テクニックやスキルを磨くことが大切だということになりますね。

 

ご提供メニュー
メルマガ(無料テキストプレゼント)
遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 感じるか感じないかは問題ではない

  2. 相手を心配するという支配

  3. 身体の変化を意識に上げること

  4. 身体を意識にあげるということ

  5. 督脈と任脈~小周天

  6. 心身一如の鍛錬法

  7. 百会~百の経絡が交わるところ

  8. 無意識に委ねなさい

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. セルフヒーリング

    自然に行動が起きて自然に変われる理想のプロセスを…
  2. セルフヒーリング

    穢れは気枯れ~元気がない、気持ちがすさむ、傷つき…
  3. セルフヒーリング

    顔の左右差で悩んでいる人は身体の左右の軸を整えよ…
  4. セルフヒーリング

    ぶれない自分になりたい人、他人の影響をすぐに受け…

過去記事