身体の変化を意識に上げること

フィードバックの質は
そのまま内部表現の書きかえ能力に直結しています。
どれくらい丁寧に意識に上げられるかが
どれくらい内部表現を書きかえるかにつながります。

なぜなら意識に上げられないと
書きかえが起こらないからです。

皆さんにはヒーリングの際に限らず
普段から身体感覚に注目してみていただきたいなと思います。
身体のどんなところにどんな感覚が生じ、
どんな変化を感じたのか、丁寧に注意を払ってみると
いろんな事が意識に上がったりします。

これも訓練なのでまずはそういう意識をもって
フィードバックをとろうとしてみることが大切ですし、

ヒーリングを受ける、伝授を受ける、セルフヒーリングをする、
理論を学ぶといった実践を積み重ねていくうちにも感覚が磨かれていきます。

例えばこういったフィードバックは秀逸です。

20代男性 治療家

始まる前からリラックスしはじめ眠くなっていました。
時間になり、呼吸に意識を向けたくなりました。
だんだん右の頭部にエネルギーを感じ、
左の斜角筋に鈍痛が出てきましたね。
最近首が痛いからかと思考が湧いてきました。
その後だんだん意識がなくなり、終了2分まえに起きました。
まず気づいたことは鼻が詰まっていること、
足首の可動域が広がり軽くなっていること、
リラックス出来たと思ったことです。
時間になり、身体を起こして歩いたら
腰が軽くなっていて腹に力が入っていました。
左右の前腕に違和感を感じており、
明日筋肉痛になんだかなりそうな予感があります。

1回のヒーリングでかなり沢山の感覚を
丁寧に意識にあげられていることがわかると思います。

例えばヒーリングが始まったら
「呼吸に意識を向けたくなった」と感じている。
これはすごいというか、面白いですね。
「呼吸が深くなりました」とは違うんですね。
いずれにせよ、今のこの方にとって「呼吸」は大切なことだと
とらえることが出来ますね。

右の頭部とか左の斜角筋とか、
かなり事細かに意識の上がる部位を特定できています。
これは感覚の繊細さと同時に、解剖学的な知識があるからこそですね。

さらに、
鼻が詰まっていること、
足首の可動域が広がり軽くなっていること、
リラックス出来たことなど、身体全体を見渡して
いろんな部位の部位の変化に気づいています。

身体を起こして歩いたら
腰が軽くなっていて腹に力が入っていました。
左右の前腕に違和感を感じており、
筋肉痛になりそうだ。

寝転んだ状態だけではなく
起き上がって再度身体の感覚に注意を向けてみるという
ところがさすがというか、気功師だなという感じですね。
自分の身体を意識に上げようとする癖が身についているという感じですね。
そうすることで腰回り、お腹周りの感覚の変化がさらに意識に上がってますね。

素晴らしいと思います。

是非初学者の方達には参考にしていただきたいフィードバックというか、
身体への意識の向け方ですね。

最初からこのレベルを求める必要はありませんが、
あ、こんな風に自分もなるんだと思っていただければいいですね。

身体に意識に上げられると、
それはすなわち心も書きかわっているということです。

心身一如ですね。

身体の感覚の変化が意識に上がったということは
自分で思っているよりももっと内部表現は書きかわっています。
「なんかそんな感じがする」「気のせいかな」という
程度のことで十分なのです。
私たちはそういう変化を意識に上げられる感覚を
研ぎ澄ませていきたいのです。

他の人がスルーしてしまうような微細な違和感や変化を
意識に上げる能力を培うことが気功師を成長させます。

それにはやはり実践あるのみですね~。

 

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンライン講座
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

関連記事

  1. 施術にかかわるすべての方へ

  2. ほとんど痛みがなくなりました。

  3. 子宮筋腫

  4. 気を作る気功

  5. 保護中: 肺の世界

  6. ヒーリングデザインを更新しました

  7. 呼吸一つでいろんなものが書き変わる

  8. 内部表現が書き換わると当たり前に身体が変わる

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ
  1. 2021.05.6

    気功とは何か

最近の記事

  1. 気功技術について

    気功とは何か
  2. お知らせ

    人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える
  3. 心(マインド)と気功

    生霊から病気になることはあるのか~気功の観点から…
  4. ヒーラーの日常(わたくし事)

    気功師が観た「マグダラのマリア」

過去記事