ヒーリングデザインを更新しました

2ラウンド目に入っている遠隔ヒーリングの企画ですが、
開催期間中同じ内容のヒーリングをやるというよりは、
どんどんヒーリングの内容もレベルアップしていこうと
以前から考えていました。
その方がご参加の皆さんの書きかえも進みますからね。

今回からフィードバックを返すことを参加条件にしたことで、
前回よりさらにご参加されるクライアントさん達の
書きかえのスピードが上がっていますし、
ヒーリングの場自体の質が上がっていますね。

こうして、ご参加される方達の意識が上がることで
ヒーリング自体も強力になります。なぜかといえば、
ご参加いただくことで三和気功の遠隔ヒーリング企画という場を
皆で共有していることになっていて、
参加される方達一人一人は面識も何もないのですが、
皆で参加することで結果的に
皆でお互いに高めあっているというか、

たとえていうなら、
ライブとかで皆がアーティストのパフォーマンスを楽しんでいると
自然にライブが盛り上がりって、ものすごくいいライブになりますよね。
なんかそういう感じのことがヒーリングの場でも起こってしまうんですね。

というわけで2週目に突入したタイミングでデザインが若干変わっております。

22:30 心身を緩める。深いリラクゼーションへの誘導。
・気の球の召喚
・ゴールセッティングメディテーション
・臥功(伝統気功)
・ヒーラーの呼吸

22:40 ウナから骨盤へのアクセス
・ウナ
・腸腰筋
・裏転子 太ももの後ろから臀部の身体意識
・骨盤
・サラダボール 骨盤のアップデート
・下丹田

22:50 ウナ~正中のアップデート
・ウナ
・下丹田
・打通中脈(伝統気功)
・百会 頭頂

ウナを基点に骨盤~頭頂へのつながりをアップデートしていくことで
エフィカシーを育て、身体と心を大きくゴール側へ書きかえていきます。

実際はこれ以外にもその時々でいろんな
気功技術や身体意識を加味しながら施術をしていきます。

そして、聞き慣れない筋肉や骨の名前、ツボの名前などは
必ず事前にインターネットで検索してイラストで構わないので
情報を頭に入れておいてくださいね。

 

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンライン講座
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

関連記事

  1. ヒーリング体験をご提供します

  2. 今すぐ出来る究極のヒーリング

  3. 病気の人が自分は病気だからという執着を手放すために意識するべきこと

  4. 自分の身体と向き合う

  5. しびれがとれました

  6. 炎症が治まりました

  7. アンチエイジングです

  8. 気功はどんなことをやるの?

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. お知らせ

    打たれ弱い人が理想を追い求める前にしっかり取り組…
  2. お知らせ

    初心者の自覚がある人はまず身体を意識に上げること…
  3. 身体と気功

    病気は廃するべき悪者なのか?
  4. 気功技術について

    死と再生のプロセスを促して癒しの先へ行く

過去記事