感じるか感じないかは問題ではない

気功をやる上で

気を感じるということが
あたかも最重要事項のように扱われているのを
目にしたり耳にしたりすることがあります。

実際に、「気を感じられるようになる」
「気を出せるようになる」ことを
一つ目標として掲げているような
気功のスクールも見かけたりしますが、

「気を感じる」ことはたいして
重要なことではありません。
いや、そんなたいそうな難しいことではない
というのが三和気功の見解です。

気功をやっていれば
別に特別なことをしなくても
気は感じられるようになるものですし、

そこにハードルを意識させることに
あまり意味は無いと考えています。

気を感じることより、
自分自身の身体がどう感じるのか、
どう変わるのか、何に気づくのかのほうが
よっぽど重要なのです。

気を感じないからといって
効果が無いとか、
自分には向いてないと
あきらめるのは
全然ナンセンスな話です。

気功を学ぶことで、
あるいは気功を受けることで

何かを変えよう、何かを手に入れようと
思って気功を志したのであれば、

その自分の動機にもっとフォーカスすべきです。

何を手に入れたかったのか
どう変わりたいと願っているのか

それさえあれば

誰にでも気功は扱えるようになります。

気を感じようが感じまいが、
気功をやって
自分のカラダに起きる変化、
生じた感覚、
気づき、感じたこと、…
そんなことを遊び感覚で
どんどん意識に上げていけばいいだけです。

「他人と比べるな  自分と向き合え」

三和気功では、気功を実践する際のあるべき姿勢として
そのようにお伝えしています。

自分の感覚で、
自分のペースで、
自分の自由に気功に取り組み、
身体で感じること、
心で感じること、
身体で気づくこと、
心で気づくことを
増やしていけばいいのです。

関連記事

  1. 風邪に学ぶヒーリングのポイント

  2. 使える気功をお伝えします。

  3. 募集開始! 遠隔ヒーリング20日間集中プログラム「開かれた胸~中丹田、…

  4. 見たいものを見ているだけ

  5. 守護霊や過去世、天使は存在するのか

  6. 学んでも、行動しても、思ったように結果が伸びないのは「信念」があなたの…

  7. 保護中: 心の世界

  8. 過去の自分を抹殺する

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. お知らせ

    交流会・体験会
  2. クライアント様の体験談

    取りつかれたように怒って手を上げてしまう自分が、…
  3. 心(マインド)と気功

    他者を癒すためにはまず自分自身が自由になる必要が…
  4. お知らせ

    打たれ弱い人が理想を追い求める前にしっかり取り組…

過去記事