気を感じることが苦手な人は気の正体は物質ではなく情報だと受け入れることで気功のことを理解することが出来る

気功やヒーリングを学んだことがあっても、
いつまで経ってもあまり気を感じることが出来ないとか、
気が一向に分からないって感じていると、
気功が使えているかどうかよく分からないので
これでいいのか、これであっているのか不安になりますよね。

せっかく興味を持って飛び込んだ世界でも、
あまり成果が感じられないと
自分には才能が無いのかなと自信がなくなることもあるかも知れません。

気功を実践しても
「気が一向によく分からない」という問題を感じる方は
比較的、真面目で論理的思考をする
現実的な男性に多いのかなという感じがしています。

家庭や職場で「現実的」に判断し行動してきたからこそ、
好奇心や興味があっていざ気功の世界に足を踏み入れても、
気功というちょっと現実味の薄いものの扱い方に
最初は戸惑ってしまう方も少なくはないと思います。

気功やヒーリングには特別な力も、才能も本当に必要ありません。
なのになぜいつまで経っても「気」の感覚が分からないのか。

それは「気」のことを
なにか物理的なレベルでリアルなものでないといけないと
思い込んでいるからです。
物質的なリアルさを持って気を感じないといけないと思っているのです。

昔のテレビ番組などで気功師が離れた相手を突き飛ばしたりするシーンや、
ドラゴンボールみたいに、気の球がまるで爆弾のように炸裂したり、
岩や山を破壊したりするイメージがすり込まれていて、

「気」というものが、そういう物質的な現実的な手触りのあるものだという
先入観を持っていらっしゃるのではないかなと思います。
そうでなければ気を投げる、ぶつける、
気がぶつかって身体が動くという現象に説明がつけられないと思ってしまうからです。

そういう先入観をもっていると、
気というものに、物質的なリアルさを期待してしまうので、
せっかく感じているのに、感じていることが盲点に隠れてしまって、
いつまで経っても気はわからないでしょう。

「気」とはあくまでも情報です。
情報なので、物質的なリアルさは通常あり得ないのです。

気はそもそも物質ではありません。
気が分からないという人は、
物質以外のことは感じることが出来ないと
強く信じていらっしゃるのかも知れません。

でも、人間は物理的な次元よりむしろ情報空間において生きている生き物なのです。

例えば、
長年一緒に暮らしている奥さんの様子について、
いつもと変わらないけどなんか違う時って、
なんか今日は元気がないな、なんかあったのかな…?
ってちゃんと感じますよね。

「気を遣う」という言葉がありますね。
あなたも気を遣いすぎて疲れちゃったというご経験がおありではないですか?
気を遣うとは、「他人や他のものに気を配り、配慮すること」とあります。

気功を誰かのために使ってしまうとどっと疲れてしまうことがあります。
これは、自分の気を相手のために使うからですが、
私たちが日常的にやっている「気を遣う」という行為もこれと同じように
自分の気を使ってしまうので消耗してしまうのです。

そのように考えると、気は誰にでも備わっているし、
日常的なことであると理解出来るのではないでしょうか。

気の感覚って「場を読む」とか、「空気を読む」とか、
それくらい手触りのない感覚に近いです。

このような、情報を身体で感じる感覚を「共感覚」と言うのですが、
日本人は本来場の空気を読むことが得意ですから、
気を感じることだって得意なはずなのです。

文字通り「気のせい」なのです。

ですから
気を錬ってみて、
なんとなく手が温かい感じがする、
なんとなくモヤモヤする気がする、
それくらいで十分気を感じていると言えるのです。

気功とは、
そういう情報を身体で感じ取る感覚を
普通の人より「意識的に」扱うための方法であり、ツールなのです。
気功や武術で身体が吹っ飛んだりするのは、
気の感覚を意識的に操っているからこそ、そうなるのです。

ですから、
きっちり理論を理解し、方法を学べば誰でも気功を使えるようになります。

なので、気功をやってみていまいち心許ない感じがする人は
リアルな感覚を気に期待するのはやめてみて、
気功はむしろ気のせいくらいの感覚で良いのだと思ってやってみることです。

すると自然と手に感じるあたたかみやモヤっとした空気感に
前よりは確信を持てるはずです。

私は常々、
「気功は気のせい」「気功はあると思えばあるし、無いと思えば無い」
ってお話しているのですが、

本当にその通りなのです。
無いと思っていれば、あることが盲点に隠れ、
そんなに簡単に感じられるはずがないと思えば、
簡単に感じられることが盲点に隠れてしまいます。

気功は気のせい、
つまり「気」は物質ではなく、情報なのだということを
受け入れてくだされば、「気」の感覚が分かるようになると思います。

おそらくご自分が期待していたよりも
ずっと「気のせい」に近いと思います。
でも、この感覚を何度も何度も繰り返して意識に上げていくだけで、
気感(気を感じる感覚)は育ちます。

自転車の補助輪をはずしたとき、
何度も練習を重ねると、
無意識にバランス感覚や
バランスを保ちながら自転車の操作をする感覚を
脳(身体)が覚えてくれるように、

気の感覚も、何度も繰り返すことで無意識的に
「気を感じる」とか「気を出す」という感覚を
脳(身体)が覚えてくれるからです。

講座に来てくだされば、
「気を感じる」「気を出す」という感覚そのものを
直接インストールいたしますので、
すぐに気の感覚を使えるようになりますよ。

気の感覚がつかめたら、
その感覚を利用して、
心と身体に様々な働きかけをして行くことが可能になります。
これが「気功」です。

もちろん気功を上手に使えるようになるためには、
じっくりと学んでマニュアルを理解する必要がありますが、
マニュアルさえ手に入れれば、
気功を使って身体を健康に保ったり、セルフイメージを上げたりして、
ご自分の中にある「こうなりたい」を少しずつ実現していくことが可能です。

読むだけでヒーリング能力が自然と開花するメルマガ
「読む気功ヒーリング講座」のご登録はこちらから。
ご登録の際にはヒーリングに必要な「気」を出したり感じたりする能力が身につく
ミニテキストをプレゼントします。

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 気功ダイエット

    やせられないと諦めている人が知るべき太る原因と気…
  2. セルフヒーリング

    コロナウィルスに対してとても恐怖を感じている人が…
  3. 人間力を高める

    人間関係が煩わしくてストレスをため込む人は身体を…
  4. お知らせ

    未来へ向けて確実な一歩を踏み出すための自己変革の…

過去記事