病気と気功

気功的病気の治し方~病気に対する態度を見直そう

2021年7月14日

病気は治してもらうものではなく自分で辞めるもの

病気は治してもらうものではないのです。

病気はあなた自身に起きたことなので本来病気を治す責任を負っているのはあなた自身です。

病気になるのはあなたの身体の自然治癒力が正常に働かなくなったという直接的な原因があるからですが、なぜ自然治癒力が働かなくなったのかと言えば、あなたの無意識レベルでの何らかの思い込みや信念がそうさせたのです。

たとえば

・誰かの注目を得られるなど、病気になることのメリットがある
・口では言えないことを身体で表現せざるを得なかった
・セルフイメージがひどく傷ついて、そのイメージ通りになった… など

いろいろなケースがあるでしょう。

いずれにしても、あなた自身の中に病気になる理由が生まれて、それは、自覚がないことかもしれませんが、あなた自身が病気をはじめたことには違いないのです。

病気になってどうしたらいいのかわからないとあなたは思っているかも知れませんが、自分がはじめたことだから、自分で辞めてやっぱり私は元気になると思い直せば、それで先に進むことができるはずです。

大切なのはその時、自分の病気をゴミでも扱うように人任せにしないことです。

私はそうやって、自分の病気を自分で観ようともせずに人まかせにしている人を何人かみてきました。人にまかせきりにしているのに、病気が治らないのはまるで人のせいだと言わんばかりの態度をとる人に腹が立ったこともあります。

病気は辛いです。痛みや痒みを感じるのは苦しいですね。死ぬかも知れないという不安もあるかも知れませんね。

でも、自分の身に起きたことだから、まずはその辛さや苦しさをしっかり味わって、受け入れないと先に進めません。

何で私がこんな目に… って思うかも知れませんが、ただ否定したり拒否したりするのではなく、ちゃんと自分と向き合ってみる必要があるのです。

あなた自身があなたの病気と向き合うことを避けて、どこに行こうとしてもどこにも行けないのです。

自分に起きることはすべてギフト

認知科学による現実の体験は、すべてあなたの内部表現(内的世界)の表出です。あなたが体験したことはあなたの思い込みや信念によって作られています。

例えば、私は被害者だと言うセルフイメージがあると、実際に何かの事件の被害者になったり、イジメにあったりするわけです。

でも、イジメにばかり遭うからといって、イジメにあうのは私自身が引き起こしているから私が悪いんだと自分を責めるのは違います。

自己責任だからと言って自分を追い詰めてはいけません。

そうではなくて、その体験から気づいて、自分への理解を深めるべきなのです。

潜在意識はあなたに気づいて欲しくて様々な出来事を用意してくれていると考えてみてください。

自分という存在について理解を深めることで、自分が本当に求めているものが見えてきます。

あなたは気づけばいいのです。

自分のセルフイメージがめちゃくちゃ低くて、被害者意識が強いという自分の一面を知ればいいのです。

自分ってこんな人間なんだと、まずは受け入れましょう。認めるだけでいいのです。そこに良い悪いのジャッジは入りません。

病気もそうです。

病気を通して自分の内面に気づくことです。自分自身を知ることです。

自分の心深くにあった傷や悲しみや絶望や弱さや攻撃性や醜さに気づいて、愛されたかった自分や孤独だった自分を観るのです。

そして本当はどうなりたいのか、その自分の本当の気持ちにも気づいていくのです。

すべての体験は、あなたが本当の自分を知り、出会っていくためのギフトです。

病気はプロセスであり、病人になる必要はない

あなたの身体はたしかにバランスを欠いて、今、なんらかの病気の状態にあるかも知れません。

でも、病気はあなたの一生の中で起きる「プロセスの一部」であって、決定的にあなたという存在を規定し、縛り付けるものではないのです。

お医者様に「あなたは○○病です」と宣言された途端に、その病気というレッテルを自分にベタっと貼り付けてしまっていないでしょうか?

病気はプロセスです。

あなたの人生が進む上で起きる一つのプロセスであり、ドラマであって、あなた自身の今後の価値や能力やキャラを決定づけるものにはなりえない。

だから、病気になったからと言って、病人になる必要はありません。

自分が経るべきプロセスとして、しっかり病気を味わい、向き合って、そして自分が思った方向へ行動すればいいのです。

あなたの目には現実は変わらないように見えるのかも知れませんが、状況は刻一刻変化していくし、次の瞬間どんな変化が起きるのかは、本当に無限の可能性に満ちているのです。

だから絶望する必要はなく、未来をあきらめる必要もなく、ただ、オープンでいればいいのです。

不安や恐怖にとらわれてオープンになれないのなら、自分で身体をケアして感性を整えて行くと良いでしょう。

-病気と気功

© 2021 三和氣功