風邪に学ぶヒーリングのポイント

最近季節の変わり目だからか、
風邪を引いてしまったのですが、風邪に効くヒーリングはありますか?
という主旨のお問い合わせをちらほらいただいております。

喉の痛みやだるさ、咳など、色んな症状に合わせて
色々なヒーリングができるとは思うのですが、
とくに、風邪のような一過性の症状の場合は、
身体が自然に回復するのを邪魔せず、任せておくのが一番良いと思います。
そのためにやるべきことは、ただ、十分に休息すること。
眠ることです。

身体が休息を必要としているときや、
変化の必要があるときには、
風邪という症状を利用して、身体は自分で自分を書きかえようとすることがあります。

わかりやすくいえば、風邪を引いた時というのは、
無意識レベルのリセットや情報整理(浄化)のタイミングでもあり、
いってみれば身体の生まれ変わりのタイミングとも言えるのに、

それをお薬などで抑えてしまったり、
身体の意に反して無理をするので、症状が長引いたり、
スッキリ体調が回復しないということが起こります。

でも、ちゃんと身体に任せて十分休息をとって待っていれば、
文字通り生まれ変わったように、
スッキリと回復して元気がみなぎってくるものです。

ヒーラーがおえておきたいポイントは、
身体が出す症状とか、病気を「排除するべきもの」という
視点だけでとらえないということ。

症状や病気といったものも、
無意識が身体を通して出してきた計算の結果のアウトプットであり、
ある種の自己表現ですから、それを排除しようとしたら反発が起こります。
結局は他の形で再現されることになるでしょう。

もちろん、
早く身体が回復するとか、
元気になるというヒーリングの目的があって良いのですが、

症状や病気自体を意識的にコントロールしようとする視点が入ると、
それはもはやヒーリングとは言えないのです。

ヒーリングの本質は
無意識にアクセスして無意識がやってくれるのに任せることですから、
結果は身体=無意識に任せておくしかないというスタンスこそ、
ヒーリング的だと言えます。

なので、意識でどうにかしようとしたりするより、
身体=無意識の邪魔をせず眠っているのが
実は一番効果的に速やかに心と身体が書きかわるのです。

というわけで、
風邪の時の理想的なセルフヒーリングは、
身体を緩めて眠気を促すような方法が一番です。

気を練りながら、
深い呼吸を意識に上げながら、
あるいはメディテーションに入りながら、
痛いところに気を流しながら、

何でも良いので自分の好きな方法で
だんだんと深いリラクゼーションへとはいって、
眠気を催してきたら、ヒーリングは成功です。

そして、そのまま眠ってしまいましょう。

そうすれば、風邪のようなちょっとしんどいタイミングも

自分の心と身体を書きかえるチャンスとして
活かすことが出来ます。

ご提供メニュー
メルマガ(無料テキストプレゼント)
遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 「手」からすべてが変わる

  2. リウマチの治療

  3. 守護霊や過去世、天使は存在するのか

  4. ゴールセッティング~ゴールの前提を見極めよ~

  5. あらゆることが可能になる

  6. 自らは自らによって定義せよ

  7. 自分に絶望するところからはじまる

  8. 気功催眠セッション

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. お知らせ

    交流会・体験会
  2. クライアント様の体験談

    取りつかれたように怒って手を上げてしまう自分が、…
  3. 心(マインド)と気功

    他者を癒すためにはまず自分自身が自由になる必要が…
  4. お知らせ

    打たれ弱い人が理想を追い求める前にしっかり取り組…

過去記事