お知らせ

気功催眠セッション

2015年2月16日

先日お母さんとお父さんに連れられて、15歳の男の子が来院されました。小さいころから緊張すると口ごもってうまく言葉を話すことができなくなってしまうというのがお悩みで、馬先生の気功催眠治療を受けに来られました。
最初はおどおどして、うつむき加減で先生が話しかけても声も出なかった様子でした。
あおむけに寝てもらって、気功で先生が催眠をかけて、彼の意識の中にある、人に対するときの不安感や恐怖を塗り替えるべく、世の中は安心で幸せに満ちてい るというと、たくさんの人の愛の中で彼は生きているのだということ、彼は強い人間なんだということをお話ししていきました。
1時間ほどのセッションが終わった後は、ちょっと恥ずかしそうにはにかみ笑いで先生とハグ。
セッションの前と後では大きな変化だったと思います。
最後にお父さんとお母さんにも、ご両親が彼を信頼してあげること、お父さんとお母さんの彼に対する反応が、彼自身や彼を取り巻く社会に対する信頼感の基盤 となるということをお伝えしてお別れしました。学校の試験が終わって休みに入ったら集中的に治療に通ってもらう予定です。

気功催眠術や気功治療にご興味のある方は是非ご連絡ください。ただいま3月末日までキャンペーン実施中。

-お知らせ

© 2021 三和氣功