呼吸一つでいろんなものが書き変わる

皆さんは普段どれくらい呼吸を意識に上げることが出来ているでしょうか。

息をつく暇もないほど… という言葉があるように、
忙しいと呼吸していることなんて私たちはすっかり忘れてしまいます。

でも、呼吸の質が人生の質を決めるといっても良いくらい、
呼吸は私たちの心と身体の状態と深く関わりがあります。

呼吸は、いわゆる覚醒のための心身の鍛練術として古来重要視されてきました。
今でも、呼吸をすることでリラクゼーションに導く方法は沢山紹介されています。

きちんと取り組んでみると、たかが呼吸がこんなに機能するのかと
きっと皆さんも感心しますよ。

私はシンプルで誰にでも実践できる「逆腹式呼吸」を気功技術化した
「ヒーラーの呼吸」を採用して皆さんにご紹介しています。

いうまでもなく、呼吸はヒーラーや気功師にとって、とても重要です。
質の良い変性意識に入ること、無意識にアクセスして行くために欠かせないメソッドです。
上手に呼吸の出来ない間は、ヒーラーとして他者に介入していくのは
とてもリスキーなことと言えるかも知れません。

浅い呼吸しか出来ないということは、
・身体が緩んでいない、緊張している
・全身の循環が乏しい
・質の良い変性意識に入れない
・身体的なIQが低い(身体の感覚が鈍い)
と言ったことを示していて、

この状態で他者のためにヒーリングをしても、かなり自分の体力や気力を消耗してしまうからです。

ヒーラーのみならず、誰にとっても、呼吸の質が悪いということは
即ち、体力や気力が枯渇しやすい、
免疫力や自律神経などの生命維持に関わる機能が低下しやすい
状態にあると考えられますから、

質の良い呼吸ができるかどうかということは、
単純に元気でいられるかどうかということにも直結しています。

(フィードバック引用 40代女性 東京都在住ヒーラー)

逆腹式呼吸をやるようになってから身体が緩むことがどんなに大切か、
今までわかったつもりでいて全然わかってなかったんだなと思います。
まだまだだなあと思い知る毎日です。お恥ずかしい。
そしてセルフヒーリングの後によく寝るようになりました。
多分ヒーラーの呼吸のおかげで、質の良い昼寝が出来ている気がします。
起きたら、クリアというか。

今日も気功をやって眠くなったので寝ていたら、なぜかお金のこととか、
仕事に関する必要の無い過去の記憶みたいなものが夢うつつで沢山出てきたんです。
全部は思い出せないけれど、元を取れって言われるのがスゴイやだったこととか、
繰り返し聞かされてきたお金の価値観とか、
おまえにはお金を稼ぐ能力が無いって言われたこととか、
そういうことにどんなに自分が嫌悪感やプレッシャーを感じていたのかとか。

起きてみたら、だからなに?って感じだったのですが、
でも、なんか色々情報整理されているんだなと思いました。

丁寧に呼吸に取り組んでいくと、たとえばこんな風に
呼吸1つでいろんなことが書きかわることが身をもって理解出来ます。

呼吸を通して身体=無意識にアクセスすることで、
無意識の再計算が自然に始まってしまうという感じです。

すると、今まで気づかなかった自分の思い込みが見えてきたり、
新しいアイディアが浮かんで来たり、
気持ちの整理が出来たり、
疲れや緊張が解消して元気になったり、

呼吸は、毎日気がついたときにほんの少し取り組むだけでも、
圧倒的に自分を書きかえて行くことが出来る、本当にシンプルな方法です。

今の自分を変えていきたいと思ったら、
あるいは
ヒーラーになりたいと思ったら、
とりあえずは呼吸から取り組まれるのもおすすめです。

ご提供メニュー
メルマガ(無料テキストプレゼント)
遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 自分と向き合うことが自分自身の可能性を引き出す

  2. 病気に対するヒーラーの視点

  3. なぜGoalを書く必要があるのか

  4. 気の球の使い方

  5. 保護中: 陰陽五行の織りなす人体宇宙

  6. 自らは自らによって定義せよ

  7. 心身一如の鍛錬法

  8. 過去の自分を抹殺する

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    中丹田で人付き合いが進化する
  2. 読む気功講座

    どこまでも自分を更新していく
  3. 読む気功講座

    外側の変化だけを求めると進化できない
  4. 読む気功講座

    病気に対するヒーラーの視点

過去記事