子宮筋腫

子宮筋腫は何らかの原因で子宮の筋肉の内側や外側などに筋肉細胞の増殖が起こり、「しこり」を発生する病気です。その原因はいまだ特定できていないようです。当院にも子宮筋腫でお悩みの女性がたびたびお見えになります。

子宮筋腫への気功での施術は、まずは子宮に関係する経絡の気血の流れを整えることから始めます。なぜなら当院では、子宮自体の気の流れ、子宮自体の生命力が低下していることによって、子宮に毒素がたまりやすくなっていると考えているからです。多くの方の場合、自律神経のバランスも良くありません。ほぼ100%といってよいほど、子宮だけの問題ではなく、体力が落ちていたり、体中が冷えていたり、心身ともに緊張していたり、全身的な気血の滞りや過度の疲労、身体が自己調整する力が低下していることが見受けられるので、身体の力を回復するように働きかけます。
その上で、腹部にしこりを大きく触れる方には直接触って、徐々に小さくなるように働きかけていきます。

少し時間はかかりますが、確実に小さくなっていくことを実感していただける方が多いです。身体の力が回復してくるとそれに伴って出血があったり、いつもとは違った症状が出てきたりしますが、それは身体が変化していく経過の一つですので慌てずに様子を見ていただくことが必要です。

関連記事

  1. 気功スキル「結界」 

  2. 身体の毒素ってなんですか?

  3. 階段が楽に降りれます。

  4. 身体の疲れ方がいつもと違います

  5. 肩が上がるようになりました

  6. みんな苦手なGoal設定

  7. 内部表現が書き換わると当たり前に身体が変わる

  8. 切断を余儀なくされていたのに

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. イベント

    交流会・体験会
  2. 気功技術について

    本気で変わりたい人が手にするべき魔法のツール
  3. ヒーラーの日常(わたくし事)

    私が皆さんにお伝えしたいこと
  4. 気功技術について

    希望や期待で胸を満たすセルフ気功

過去記事