気功師に不可欠な大周天・小周天

三和気功の気功師養成講座では、気功師にふさわしい考え方や身体づくりから始め、徐々にどんな人でも気を感じ、気を理解できるように段階的にご指導していきます。

50 以上の功法を通じて以下の4つのことを理解し、実践していただきます。

気を感じること 宇宙から気を取り入れること 人に気を与えること 気を体にめぐらすこと

この養成の過程で、最終的に身に着けていただきたい大切な二つの気功があります。それを小周天・大周天といいます。周天とは体の中に自由に気を巡らすテクニックのことです。

この周天ができて初めて、気功師として認められると三和気功では考えています。

体の中を自由に気を巡らせることができるようになり、宇宙から自在に気を取り入れることができるようになって初めて気功治療ができるようになると考えているからです。

関連記事

  1. 人生を変えていきたい時におさえておきたい基本的な知識

  2. そういえば最近お顔が持ち上がったような気がするんです

  3. 未来だけを縁(よすが)にする

  4. 頑張っても頑張っても気が出ない、気がわからないと思っている人へ

  5. 保護中: 腎の世界

  6. 期待による自縄自縛から抜け出せば本当の姿が見えてくる

  7. なぜフィードバックをするのか~その意義

  8. なぜGoalを書く必要があるのか

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ
  1. 2021.05.6

    気功とは何か

最近の記事

  1. 気功技術について

    気功とは何か
  2. お知らせ

    人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える
  3. 心(マインド)と気功

    生霊から病気になることはあるのか~気功の観点から…
  4. ヒーラーの日常(わたくし事)

    気功師が観た「マグダラのマリア」

過去記事