ネガティブを何とかしようとするな

自分自身を未来に向かって書きかえて行こうとする時に
一番厄介なのが自分の中から出てくる「ネガティブ」ですよね。

いくらゴールがあっても、
このネガティブが邪魔をして
先に進みたくても進めないという泥沼に
誰もがはまってしまうものです。

この泥沼にはまるのはある程度仕方のないことです。
避けては通れないというか、
ネガティブな情動というのは、どうしても出てくるものだからです。

でも、
ここでネガティブの底なし沼に沈んでしまわないためのコツもあります。

それは、自分の中から出てきたネガティブをなんとかしようと試みないことです。

ネガティブといっても、人それぞれだと思います。

不安、恐怖、
他者に対する怒りや恨み、
自己卑下、自己嫌悪
絶望、罪悪感… 
いろいろありますよね。

そして多くの人がこれらの「ネガティブ」を
消そうとしたり、コントロールしなければと躍起になっては
ネガティブに打ち負かされるという、
さらに自分を追い込むスパイラルに入ってしまいます。

そういう時は
そのネガティブをそのままにして
観察することです。

ネガティブに翻弄される自分を
観察してあげることです。

そして、ネガティブには必ず身体感覚が伴っていますから、
身体のどこでそのネガティブを感じているのか、
身体のどこかに緊張や違和感がないか注意して観てみます。

特定の場所が見つかったら、
そこに優しく手を当ててみたり、
手を当てながら呼吸に意識を向けたりしてみましょう。

気功であれば、例えば気の球にそのネガティブを入れて手に取ってみたり、
置いておいたり、練ってみたり、そうしながら観察してみることです。

伝統気功をしながらそのネガティブを観察してみることです。

そして、そのすべてが自分の高い理想の裏返しなわけですから、
ネガティブの裏にある本当の自分の望み(ゴール)を
見つけてあげることです。

そして、そのゴールを手に入れてただ幸せになりたいだけの自分を
抱きしめてあげましょう。

気功であれば、そのゴールを気の球に入れて身体に封入してみたり、
伝統気功をしながらそのゴールを感じてみれば良いのです。

正しく観ることができれば
ネガティブもポジティブも、一つの情報の形であることがわかります。

私たちは情報にコントロールされるのではなく、
情報をコントロールできる人間になりたいのです。
情報をコントロールできる人のことを気功師といい、ヒーラーといいます。

一番やってはいけないのが
そのネガティブをネガティブなものとして忌み嫌うことです。
嫌なものだから、機能しないからと
否定したり、消そうとしたり、無視したりすれば、
そのネガティブはますます存在感を増していきます。
否定するとか、消そうとすることは、無意識に
そのネガティブが「在る」という前提をつくり出すからです。

大丈夫です。
そのネガティブの中にいる間も、
あなたが認めさえすれば、あなたはちゃんと未来に向かって進んでいます。

ご提供メニュー
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 「自我」は他人にハックされている

  2. 使える気功をお伝えします。

  3. 好転反応が辛いです。どうにもならないのでしょうか。

  4. 私たちは情報空間を移動し続けている

  5. 気功の効果を最大限にひきだすためのポイント

  6. 現状にとどまることも生命の大切な選択肢です。

  7. 気功はどんなことをやるの?

  8. コロナ疲れやコロナ不安を感じている人がピンチをチャンスに変えるためのポ…

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. お知らせ

    交流会・体験会
  2. クライアント様の体験談

    取りつかれたように怒って手を上げてしまう自分が、…
  3. 心(マインド)と気功

    他者を癒すためにはまず自分自身が自由になる必要が…
  4. お知らせ

    打たれ弱い人が理想を追い求める前にしっかり取り組…

過去記事