任脈と督脈

「読む気功の教室」です。

身体には12本の経絡と任脈と督脈という 気の流れるルートがあるんです。

気功はこの気の通り道である経絡の通りを良くしていく、改善していくという目的もあります。

なかでもこの任脈と督脈。

どうしてこの二つの経路が大切かというと、身体のエネルギーの陰陽をつかさどる 大切な気の通り道だからなんですね。任脈は「陰の海」、督脈は「陽の海」と呼ばれていて、陰と陽のそれぞれのエネルギーの根源的な存在なんです。

この任脈と督脈を流れる気のボリュームが大きく、そして任脈と督脈が良く活性化されていれば陰陽のバランスが取れて心と体の質はとても良くなります。このために行うのが、一般的に周天功と呼ばれている気功。三和気功では、講座の中でお伝えしていくものですが、この気功を続けていくと、体の中を気がみなぎる感覚を得たり、潜在能力が開発されたり、とにかくエネルギーの質と量が格段にUPすると言われてるんです!!

なんかすごいですよね。

というわけで、任脈と督脈のお話でした。

関連記事

  1. 病院やお薬では対応できない症状にも効果があります

  2. 養成講座受講生体験例

  3. サンプル投稿5

  4. 養成講座 6つの特徴

  5. 他の気功でピンと来なかった方も三和気功を試してみてください

  6. ただのマッサージじゃないんだね と言われたい整体師さんへ

  7. 気功師養成講座を体験された方の例

  8. 寝てばっかりではかえって悪い

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    自分はなんて愚かなんだという絶望
  2. 読む気功講座

    呼吸一つでいろんなものが書き変わる
  3. 読む気功講座

    ゴールノートをつくろう!!
  4. オンライン講座

    オンライン講座「ヒーラーの呼吸」

過去記事