伝統気功が教える気の作り方

「気」やエネルギーはちょっと練習したら
誰にでも操れるようになれます.

気やエネルギーがわかるというのは、
ヒーリング、無意識の書き換えをする上では
必ず身につけておきたいことですね。

例えば三和気功で初学者の方に最初にお教えするのは
拉気(らき)という気功です。

手のひらと手のひらを向かい合わせて
その間の空間に気を作っていくという
伝統的な気功です。

これを練習することで実際に気を感じるという感覚を
養っていきます。

このときに、初学者の方はとにかく
手のひらから気を出そう出そうと頑張ってしまいますが、
それは、「気」とか「エネルギー」というものを何か物理的なものとして
イメージをしているのでそういう発想になります。

でも、伝統気功では「気」を「意念」としてあつかいます。
つまり、イメージや意志、心の働きのことです。

これを認知科学的な視点から解釈すると、
気は情報であると言うことが出来ます。

「気」や「エネルギー」は、
そもそも物理的には存在しないもの。

それは概念(言葉)という形で情報的に存在しているものです。

なので、物理的に何かを「出す」という発想自体が、
「気」を扱うこととあまりマッチしないのです。

それよりも少し抽象度を上げて、「操る」という意識を持つと
気やエネルギーはとてもシンプルに扱えるようになります。

具体的にはまずこのように考えると良いでしょう。

あると思えばあるし、ないと思えばない。

気は、自分がそこにあるものと思えば存在していて、
そんなものはないと思えは存在しない。
ただそれだけのことです。

ですから、
気を扱えるようになりたければ、
まず気を目の前にあるものとして振る舞うことです。
もしも、気を感じることが出来なくても
最初は、そこに気があるふり、あるつもり、で十分です。
パントマイムで構わないのです。

でもそのように振る舞うことで、
身体(脳)はそこに気が在るものとして学習してくれるので
そのうち気が感じられるようになります。

そこまでが理解出来たら、
実際に気をつくってみましょう。
やり方はいろいろあるのですが、
最も簡単な方法を紹介します。

手のひらとの手のひらをこすり合わせ、
摩擦熱が生じるのを待ちます。
摩擦熱が生じたら、その熱を感じながら5ミリ~1センチほど
手のひらの間を開けて熱を感じ続けます。

手のひらと手のひらの間の空間に、
「熱」という形で気が存在していることを確認します。
手のひらと手のひらを近づけたり、
離したりしながらそこにある気を感じていきます。

そしてそこに感じる感覚を言葉にしていきます。
ふわふわした感じ、モワモワした感じ、ビリビリする感じ、
温かさや磁石のような感覚、何でも構わないので
自分なりに感じることを意識に上げていきます。

次に、手のひらと手のひらの間に「気」を感じたまま、
少しずつ手のひらと手のひらを近づけたり、離したりしてみましょう。
最初は5~10センチ、それが出来たら、20センチ、30センチと、
離したり近づけたりするは荷を広げていきましょう。

手を離していくと気感が薄れていく傾向があるかも知れませんが、
気感がなくなってきたら
また手を近づけて気感を保つようにしてみてください。

これを何度も練習するだけで
気の感覚がよく分かるようになり気の感覚も強くなっていきます。

ポイントは気があるようにふるまうこと。
あたかも気がそこにあるかのように
イメージしながらやってみることと、
意識に上がってきた感覚を言葉で認識してみることです。

そしてこれが出来るようになるだけでも、
ヒーリングを機能させることが出来てしまいます。

丁寧に気をつくり出し、手のひらと手のひらの間で練るだけでも
心と身体の書きかえが始まりますよ。

ご興味があったら試してみてくださいね。
 
 
 
 
 

関連記事

  1. 過去の自分を抹殺する

  2. みんな苦手なGoal設定

  3. コロナパンデミックで無力感や不安に支配されている人達が目を向けてみると…

  4. どこまでも自分を更新していく

  5. 人間関係で悩まないためのポイント

  6. 心と身体をゴール側へと書きかえていくプロセス

  7. 整体師さんセラピスさんのスキルアップに

  8. 三和気功の気功整体師養成講座はこんなところがいいです

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. お知らせ

    あなたを生まれ変わらせる魔法の力を手にする秘密を…
  2. 心(マインド)と気功

    不安や焦りを力に変えるための魔法の言葉
  3. お知らせ

    学んでも、行動しても、思ったように結果が伸びない…
  4. 独学用教材

    気功習得のための独学用の教材を作りました!

過去記事