身体を意識にあげるということ

以前、気功の上達の鍵は
いかに情報を取りに行くかということだ
というお話をしたかと思いますが、

情報を取りにいけるセンスというか、感覚を磨くためには、
やはり身体にアクセスしていくことです。

身体の感覚が上手に意識にあげられるようになってくると、
なぜか心の動きやあり方、「場」や対面している相手についても
細かく意識にあげられるようになっていきます。

ですから、まずは自分の身体に注意を向け、
身体を意識にあげることを繰り返し繰り返し行っていくと良いです。

三和気功の気功師養成のためのコンテンツの中で、
セルフヒーリングがほとんど中心になっているのはそのためです。
だからこそ、半年や1年という短い期間で
皆さんが気功を扱えるようになり、
ご自身でご自身を書き換えて、人生を変えていかれるのです。

教えてもらった気功や伝授を受けた気功技術をつかって、
日々自分自身でワークをして、
こまめにフィードバックをとってくださいというのが、
三和気功の基本的な方針ですし、
そうしたことを通してしか、気功は上手になりません。

でも、そうしたことを通して、確実に無意識が書きかわり、
身体が書きかわり、心が書きかわっていくのです。

例えば、「ウナ」を意識して立ってみたときと
普通に立ってみたときの違いを意識にあげてみる。
これだけでも脳は書きかわるのです。

その違いを細かく上げられればあげられるほど、
無意識が書きかわり、身体は書きかわっていきます。

最初はほとんど違いを意識化できなかったとしても、
繰り返し繰り返し自分の身体に注意を向け、
「感覚を意識に上げる」という
意識を持って取り組んでいけば、
だんだんその感覚は磨かれていきます。

何年気功を続けても進化がないと感じている方は、
おそらくこの辺りをきちんと教えてもらえなかったか、
取り組んでこなかったことに原因の一つがあると思います。

意識に上げられなければ、脳は書きかわらないのです。

すなわち、身体も心も変わっていけないのです。

気功が上手に出来るということは、
あらゆることを意識に上げられると言うことであり、
だからこそ、自分や他者を書き換えていくということが
可能になるわけです。

気功をお勉強されている方はもちろん、
人生変えていきたい、成長したいと望んでいる方は
日頃から身体と向き合うということを
徹底して取り組んでいただきたいなと思います。

ご提供メニュー
メルマガ(無料テキストプレゼント)
遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
気功の学校オンライン
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 豊かさとコミュニケーション

  2. ゴール側の風景を味わう

  3. 気に対して敏感すぎるんですが…

  4. 気が感じられません

  5. 保護中: 心の世界

  6. 身体を意識に上げるってどういうことですか?

  7. 内部表現が書き換わると当たり前に身体が変わる

  8. 気功師が手に入れたい世界観

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    「手」からすべてが変わる
  2. 読む気功講座

    気功でなぜ痛みが取れるのか
  3. 読む気功講座

    伝統気功が教える気の作り方
  4. 読む気功講座

    情動をどう扱うか

過去記事