お知らせ

どうしてギブスの上からでも治療ができるのか

2016年3月24日

ギブスをしているとその中が痛くてもかゆくても何にもすることができません。

そんな時にも三和気功を学んでいると、ギブスを外すことなく症状に働きかけることができます。ギブスを通り抜けて患部に気を作用させることができる からです。三和気功ではまず物を通り抜けて伝わる気を伝授いたします。更にその気を高めていく過程を踏んで、邪気を出して真気を入れる方法を学びます。繰 り返し繰り返し練習することで、ギブスなどの障害物があったとしても症状を改善させたり、患部に気を与えるということができるようになります。

-お知らせ

© 2021 三和氣功