どうしてギブスの上からでも治療ができるのか

ギブスをしているとその中が痛くてもかゆくても何にもすることができません。

そんな時にも三和気功を学んでいると、ギブスを外すことなく症状に働きかけることができます。ギブスを通り抜けて患部に気を作用させることができる からです。三和気功ではまず物を通り抜けて伝わる気を伝授いたします。更にその気を高めていく過程を踏んで、邪気を出して真気を入れる方法を学びます。繰 り返し繰り返し練習することで、ギブスなどの障害物があったとしても症状を改善させたり、患部に気を与えるということができるようになります。

関連記事

  1. 免疫力を高めてコロナ危機を乗り越えるために注目するべき血液の力

  2. 宇宙とつながる気功的イメトレ

  3. 気功痩身のメリット

  4. 三和気功の気功整体師養成講座はこんなところがいいです

  5. 病気は内側から

  6. 俯瞰してみるための心と身体

  7. 督脈と任脈~小周天

  8. ゴールがなかなか出てこない、フィードバックがなかなかとれないという時は…

アーカイブページ

おすすめ記事 最近のおすすめ
  1. 2021.05.6

    気功とは何か

最近の記事

  1. 気功技術について

    気功とは何か
  2. お知らせ

    人はなぜ病気になるのか~脳×中医学から考える
  3. 心(マインド)と気功

    生霊から病気になることはあるのか~気功の観点から…
  4. ヒーラーの日常(わたくし事)

    気功師が観た「マグダラのマリア」

過去記事