病気は悪いものでも良いものでもありません

病気は 苦しみのもとなので 病気を患っている人にとっては病気はとても悪いものという認識があります。一方で、病気を悪者とばかり捉えないで、前 向きなとらえ方をしましょうという考え方があります。例えば病気になったことで、家族と過ごす時間や自分と向き合って成長する機会、忙しさから逃れて休息 する時間、生きる意味を考える機会などを得るといった考え方で、病気になったからこそ得るものがある、病気はギフトだという捉え方です。

どちらも病気の一側面を表す正しい認識です。

病気を恨んでばかりいないで、ポジティブで前向きな心で病気とつきあってみれば、気持ちは軽くなることがあるでしょう。でも、いくらポジティブになったところで実際の症状はなくならない。

実は病気を良いもの悪いものと論じるところから病気との付き合いは深くなっていくばかりなのです。そうすることで、自分にとっての病気の存在意義を強めていることになるからです。

そうではなく、

病気を良いもの悪いものとジャッジせず、あるがままにあることを許すこと

これが病気を手放すために一番大切なのです。

関連記事

  1. 「気功」整体です

  2. 気功師養成講座受講者様からのご感想

  3. 交流会について

  4. 痛みは悪者ですか?

  5. 病院やお薬では対応できない症状にも効果があります

  6. 医学気功です

  7. 木からパワーをもらおう

  8. コツコツ積み上げていく価値

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    自分はなんて愚かなんだという絶望
  2. 読む気功講座

    呼吸一つでいろんなものが書き変わる
  3. 読む気功講座

    ゴールノートをつくろう!!
  4. オンライン講座

    オンライン講座「ヒーラーの呼吸」

過去記事