気を受けたい方へのご案内

三和気功の気功施術について

三和気功では

・中国の伝統気功
・認知科学に基づいた内部表現の書き換え

これらを統合して気功による施術やセッションを行います。

中国の伝統気功には数千年の間受け継がれてきた方法論と技術があり、
それを現代の認知科学や脳科学によって解釈しなおすことで
オカルティズムや怪しさに隠れていたスコトーマをはずして、
科学的根拠のある効果を生み出すことができるようになりました。

三和気功では、「病気や問題は辞めるもの」としてとらえています。

なんとか手放したい問題や治したい病気は、
厳密にいえば、それらをつくり出すのはあなたの脳(無意識)だからです。

それが循環器障害や癌や自己免疫疾患、鬱病…といった病気であっても、
人間関係の問題であっても、仕事がうまくいかないといった問題であっても、

すべて、あなたの脳がつくり出しました。
そうなりたくてなったわけではないにしろ、
すべての原因は自分の中にあります。

その意味では、辞めようと思えば辞められるのです。

三和気功の施術やセッションはクライアントの皆様が問題や病気を
「辞める」ためのリードとサポートを目的としています。

辞めてみたいな、と思った方は気功を是非試してみる
価値があるかもしれません。

とはいえ、辞めたいのはわかっているのに
辞められないから困っているのが実際のところですよね。

そのあたりは気功を活用しヒーリングを受けていただくことで
辞める糸口みたいなものがどんどん手に入るようになりますし、
セッションや施術の後も、がっつりサポートさせていただきます。

本当に病気をを治したい、問題を解決したい、望みを手に入れたいと
考えるのであれば
自分が始めた病気ならば自分で辞めるだけだ、
現実を変えられるのは自分だけだという
マインドセットが必要ですし、
自分の病気を自分で引き受けるという覚悟も必要ですが、

その前に、まずは十分に身体と心の疲れと緊張を取り、
深く緩むこと、休むことからはじめていきましょう。
身体性が整えば、自ずと心のあり方が変わります。
心のあり方が変われば、現実が変わるのです。

そして、ご自分がどうなりたいのか、何が望みなのか、しっかりとGoalを
見据えていきましょう。

ご提供セッションはこちら

伝統気功のパラダイム

「現象には、そのもとになる情報がある」

三和気創始者、馬光文はそのように言います。

たとえば、身体のある部分に痛みが生じるのは、
そこに痛みを生じさせる「情報」としての「気」が存在していると
伝統気功では捉えます。

「気」は生命エネルギーであると言われていますが
それ以前に、もっと本質的には気は「情報」であるというのが
馬光文の示す伝統気功のありかたです。

伝統気功の世界観においては
生命を生み、成長させ、滅ぼし、変化させるエネルギーも「気」であり、
思考や意識、感情といったものも「気」です。

万物を生み、形づくるものが気であり、
その本質は情報であるというのが三和気功の捉える「気」です。

このような観点から、気功では「身体」も
「気」の一つの現れ=情報としてとらえます。

馬光文の説く気功施術とは
身体に張り付いている古い情報(悪い気)を取り除いて、
新しい情報(良い気)を上書きすることで身体が変化するという
セオリーのもとに成り立っています。

よって、馬光文が伝える伝統気功の本質は、情報による情報への働きかけ、
意念(イメージや意識、心のこと)の技術なのです。

ご提供セッションはこちら

科学的に気功のカラクリを捉える

何千年もの歴史を経てもなお現代に伝わっている気功は
「仙術」として、超人的な能力やスキルとして扱われてきたという
歴史がありました。

しかし、認知科学や脳科学などによって、気功のカラクリが
科学的に説明ができるようになりました。
こうして気功を科学的に捉えなおすことで、
伝統気功をより高い視点から理解し、扱うことが可能となりました。
同時に現代における新しいあり方の気功として、
多岐にわたって活用していくことが可能になったのです。

認知科学による気功とは
「共感覚による内部表現の書き換え」として説明されます。

共感覚とは、いわゆる「気」であり、気を感じる感覚のことです。

「共感覚」によって身体や脳に働きかけが行われる結果、
無意識レベルで内部表現(脳と心)が書き換わります。

身体と脳の間では複雑なフィードバックシステムが働いて、
常に心と体にとって一番安定した状態を維持しようと
情報のやりとりが行われています。

生体は常に、慣れ親しんだ安定的な内部環境(=現状)を保つように
自動的に機能します。これをホメオスタシスといいます。
心と身体は本能的に現状にとどまろうとします。それが生存本能にとっては
一番リスクが少ないからです。

色々やってみたけれどなかなか結果が出ないということの理由は
ここにあります。
臨む、望まざるに関係なく「現状」をできる限り維持しようとするのが
ホメオスタシスの働きだからです。

ホメオスタシスは身体の生理機能であり、
つねに無意識に働いています。
現状を変えていきたいとき、
このホメオスタシスの抵抗に遭うことは必須です
だからこそ、
ホメオスタシスをだましながら、いなしながら、
無意識へ介入して行くことが大切になります。


その方法の一つとして、三和気功は「気功」を提案しているのです。
伝統気功の方法を生かしつつ、
認知科学的な理論ベースで気功のカラクリを理解することで、
その精度は格段に上がるのです。

「現実」は私たちの無意識にあるアルゴリズムや
反応パターンによってつくり出されていることが
科学的根拠をもとに説明可能になりました。

これまで私たちは自分ではいかんともしがたいものとして
「現実」を捉えてきました。
ところが物理学や脳科学、認知科学などの分野において
科学が証明したことは「現実」は自分の信じていることに合わせて
自分(=脳)が創り出しているということであり、
物質さえ、突き詰めれば無形のもの、つまり情報であるということでした。

つまり、「現実」、この物質世界で生きているということの本質とは、
脳によって情報空間をリアルに体験しているに過ぎない
ということがわかってきたのです。

であれば、情報を操作することができれば体験する現実は変えることができる
というのが、気功を現代科学で解釈しなおした
「共感覚」による内部表現の書き換えなのです。

 ご提供セッションはこちら

「気」の本質は情報です。
それは伝統気功においても同様の感覚で捉えられていました。
気は、共感覚というある種の感覚として脳に入力される情報なのです。

無意識にある不必要なアルゴリズムパターンに
新しい関数として「気=情報」を与えてやれば、
脳は、パソコンがプログラムの再計算を始めるように
自動的に新しいアルゴリズムを探し始めます。

その結果、症状が消えたり
取り巻く状況や人間関係に変化があったり
自然と現状が変わっていく。

これが科学的知見で捉えた気功の作用機序です。

ご提供セッションメニュー

現在ご提供している気功セッションです。

詳細は以下のご案内からご覧ください。

気功オンラインヒーリングセッション  
40分10,000円 60分15,000円 90分20,000円

遠隔にて、気功によるセッションを行います。
カウンセリングや横になって受けていただくヒーリング、
セルフワークの指導など、
状態やご希望に合わせて内容を構成していきます。
現状を脱して前に進みたいと願う人のためのセッションです。
メールによるサポート(メールセッション)は
無料で自由にご利用いただけます。
詳しくはこちら

馬光文による特別治療 
1回60分程度15,000円~

伝統気功を駆使した本格的で伝統的な気功治療。
各種痛み、不眠症、癌、慢性疲労、病院では対応できない
心身の不調などに定評があります。
通常は、遠隔のみで承っております。
日本語によるサポートつきです。
詳しくはこちら

セッションの流れ

 対面・遠隔共通

ヒアリング
初めての方には最初にくわしくお悩みについてお話を伺います。
必要があれば気功で診察(※1)をしてお身体全体のエネルギーの不調を把握し、
お話をしながら施術やセッションの目的を明確にしていきます。

施術
エネルギーを使って必要に応じてお体に触れたり、
あるいは触れずに働きかけていきます。
悪い気を出して良い気を入れ、痛みやその他の症状の改善を図ります。
お悩みに対してカウンセリングを行い、
病気や問題の原因となっている思い込みや信念
(脳のプログラミング)が理想の状態へと
書き換わるように導いていきます。

施術後
全身の気血の巡りが良くなって温まり、
痛みがなくなり、活力が戻って心も体もスッキリ楽になります。
病気や問題を作り出していた脳のプログラミングが正されて、
現実に対する認識に変化が起きていきます。

フィードバック
セッションや施術を終えて感じたことを話し合い、
次回のご予約を承ります。

※1気功診察
気でお身体のエネルギーの変調を感じ取っていく外気療法の技術です。
エネルギーバランスの乱れを読み取るので
ご自覚のない箇所や病院の検査では出てこない不調もわかります。

dsc_0698-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

疑問、質問など
気になることがございましたら
下記のフォームにご記入いただき
お気軽にお問い合わせください。