坐骨神経痛を引き起こす疾患~脊椎分離症・すべり症~

坐骨神経痛はお尻、太ももから足裏までの下肢後面と膝から下の外側に痛みやしびれ、違和感を生じる症状を指します。この坐骨神経痛の原因となる疾患の一つに脊椎分離症、脊椎すべり症と呼ばれるものがあります。

脊椎とはなじみがない言葉かもしれませんが、実は背骨のことを医学的には脊椎と呼ぶのです。この脊椎は椎骨という骨が縦に連結して構成されています。

図の棘突起の部分が、背中で背骨のデコボコとして触れる部分ですが、分離症はこの棘突起部分と椎体部分がスポーツ中の疲労骨折や老化による骨の弱体化によって切り離されてしまうことを指します。

すべり症は椎骨と椎骨の連結が前後にずれてしまう場合を指します。棘突起と椎体が分離症を発症することに引き続いて椎体だけが前へずれてくることが 多いのですが(分離すべり症)、時として分離症を発症せずに椎間板の委縮、老化変性によって椎体がずれてしまうこともあります(変性すべり症)。

分離症のみでは自覚症状があまりなく、たまたま他の事情で腰のレントゲンを撮った時に発覚することも多く、自覚症状のないうちはさほど問題 にはなりません。長時間の立ち仕事などで腰痛を感じるくらいで、神経痛の原因とはならないのです。ただしすべり症を発症していると、脊柱管を狭窄させるこ とが多く、神経性の症状(しびれ・痛み・冷感、筋力低下など)をきたす場合がたくさんあります。これについてはこちらをご覧ください。

分離症でもすべり症でも保存療法が最優先です。分離症の場合は骨がつかない場合や症状が続く場合に、またすべり症でも神経症状の続く場合は外科的な手術が行われます。

整体やマッサージは腰部の血流を促進し、筋緊張を和らげて、すべり症や分離症の改善、悪化予防に有効ですが、脊椎自体に過剰な負荷がかかるとかえって悪化させてしまう可能性もありますので、マッサージや整体施術を受ける際には事前に申告しておきましょう。

三和気功ではまず患部の気の状態を診察してひどい異常がないかを確認してから施術に入ります。骨の問題がある場合、中医学では多くの場合腎臓とのか かわりを考えます。腎臓の気がおかしくないかも確認して、腰部の痛みや張りとともに腎臓を意識して施術をします。中医学では痛みやしびれは気の滞りによっ て経絡が閉塞することによって起きると考えますので、三和気功では痛みの原因になっている悪い気を患部から出して、経絡の気を整え流れをよくしてから、良 い気を入ることで痛みを改善します。患部だけの治療にと どまらず、全身の気血の流れを整えることで内臓も活性化し、患部の症状が緩和し改善することをサポートします。すべり症の場合はしびれや違和感の出ている 部分に気を補い、気と血の循環を改善して経絡が通るように意識して施術を行います。すべり症は多く老化に伴ってみられる症状ですので腎臓をはじめ各内臓に も気を補い、全身の抵抗力を高めて体力の底上げも図ります。

関連記事

  1. 耳つぼで寝違えが一晩で治りました

  2. サンプル投稿10

  3. エネルギーの違いを感じてみる

  4. 病気を体験することで得られるものがあるからこそ人は病気になるのです

  5. 陰陽のバランス

  6. 新中野気功教室のおしらせ

  7. どんどん良くなる

  8. 4月28日 三和気功交流会にご参加ください

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    伝授ってなに?~そのカラクリを知る
  2. 読む気功講座

    本当の自分に出会いたい!~Goalってなに?
  3. 読む気功講座

    身体の毒素ってなんですか?
  4. 読む気功講座

    自分自身への信頼度「エフィカシー」とは?

過去記事