坐骨神経痛の原因になる疾患~脊柱管狭窄症~

坐骨神経痛を引き起こす可能性のある疾患をご紹介していますが、脊柱管狭窄症もその一つです。

脊柱管という言葉をご存じでない方も多いと思いますので、脊柱管についてまずお話ししてみます。脊柱管というのは、簡単に言うと皆さんの背骨の中を通っている、脳から続く神経を通す管です。背骨は下の図のような椎骨という骨の連なりでできています。

図にある棘突起という部分が、背中から背骨として体表に触れることのできる部分です。椎骨をご覧いただくと真ん中に椎孔という穴の開いた部分があるのがわかります。

さて、背骨はこの椎体の連なりでできていると言いましたが、もっと正確には首のあたりに7個(頸椎)、胸のあたりに12個(胸椎)、腰のあたりに5 個(腰椎)、成人では計24個の椎骨の連なりが背骨を構成しております。その一つ一つの椎孔が24個連なって管状の構造を作り、これを脊柱管と呼ぶのです。

脊柱管狭窄症は、主に加齢によってこの椎体や椎体と椎体をつないでいる靭帯などに変形が生じ、椎孔を狭めてしまうことによっておこります。 椎体と椎体は簡単にずれたり離れたりしないように前後左右、また椎孔の内側も靭帯によって支えられています。この靭帯が加齢によって肥厚したり骨化したり すると脊柱管の内腔を狭めてしまいます。椎体と椎体の間にある椎間板も加齢によって弾力を失って変性し、時に脊柱管内部に突出してしまうことがあります。 また椎間板が弾力を失って萎縮してしまうことなどで上下の椎骨同士の連結がずれて脊柱管をせばめてしまうこともあります。このようにいくつかの原因によっ て脊柱管の内腔がせばめられてしまうことで、その部分を通っている神経を圧迫してしまう、これが脊柱管狭窄症です。これが坐骨神経の部位に発生すると、そ れは坐骨神経痛を引き起こす可能性があるのです。

脊柱管狭窄症は加齢に伴って発症しやすいためヘルニアとは違って高齢者に多くみられます。またヘルニアのように明らかな原因で急性に発症するケースはあまり見られず徐々に徐々に症状が出てくることが多いようです。脊柱管狭窄症で見られる主な症状は次のようなものです。

  • 間欠性跛行:歩行が長時間できずに休息と歩行を繰り返してしまう。
  • 太ももやひざから下の痺れ、痛み。
  • 太ももから足にかけての筋力低下・
  • 背筋を伸ばしたり立っていたりすると症状が悪化し、前かがみ、腰を掛けるなどで症状が軽減する
  • 腰部の重たい感じ、張っている感じ。

脊柱管狭窄症を発症しやすい条件は次のようなものです。

  • 若い時にヘルニアを経験した
  • 骨粗しょう症の傾向がある
  • 車の運転や重たいものを持つ仕事など重労働やスポーツを長年続けている(続けてきた)

脊柱管狭窄症の特徴は、ヘルニアやいわゆるぎっくり腰などと呼ばれている症状に比べて、腰部の痛みは目立ちません。腰部の痛みよりは、ふともとから 足へかけて下肢のしびれや痛み、無力感といった症状が目立ちます。進行すると排尿排便障害が出たりしますので、早めにお医者さんの診断を仰いで対処するこ とが必要です。また、まれに腫瘍が脊柱管狭窄を引き起こしているケースもありますので、特に心当たりがないのに症状が出た場合は一度病院へ行きましょう。

三和気功ではまず患部の気の状態を診察してひどい異常がないかを確認してから施術に入ります。痛みの原因になっている悪い気を患部から出して、経絡 の気を整え流れをよくしてから、良い気を入ることで痛みを改善します。痛みやしびれは悪い気が経絡中に滞ることで生じると中医学では考えますので、痛みの 元となっている腰椎の関節部分の悪い気を出し良い気を入れて、その気場の効果で患部を改善に導き、のちに足の経絡を通して痛みやしびれの改善を図ります。 患部だけの治療にと どまらず、全身の気血の流れを整えることで内臓も活性化し、患部の症状が緩和し改善することをサポートしていきます。

関連記事

  1. 2月1日~3月31日までキャンペーン実施

  2. 三和気功の気功整体師養成講座はこんなところがいいです

  3. アンチエイジングです

  4. トランス脂肪酸て?

  5. コツコツ積み上げていく価値

  6. 体質を変えること

  7. ほとんど痛みがなくなりました。

  8. 汗が出すぎ!?

読む気功講座

気功師養成プログラムベーシックコース「気功講座」テキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. セミナー

    気功師養成通信講座
  2. セミナー

    2018年10月 気功師養成プログラム in 東…
  3. 気功的lifeのすすめ

    今しかないことに気づいていますか?
  4. 施術エピソード

    どこでも遠隔治療

過去記事