坐骨神経痛の原因になる疾患~椎間板ヘルニア~

坐骨神経痛の症状が出た場合は、何が原因で坐骨神経痛が出ているのか、整形外科を受診して調べる必要があります。ここでは坐骨神経痛の原因となりうる主な疾患をご紹介します。

椎間板へルニア

椎間板は下の図のように背骨を構成する椎骨という骨と骨の間に挟まって、背骨に加わる衝撃を吸収するクッションのような、緩衝材の働きをしています。その中心には髄核という水分を多く含んだ袋があります。これが椎間板の弾力やクッション性に大きな役割を担っています。

「椎間板画像」の画像検索結果

背骨の中には脊髄という、脳から続いている神経繊維の束が通っていますが、各椎骨から神経の枝を出して全身へと分布しています。正常時はこの神経の 枝は椎骨と椎骨の隙間から出ていますが、何らかの原因によって背骨に重い負荷がかかると、椎間板で衝撃を吸収しきれず、椎間板中の髄核が圧迫されてつぶれ てしまうことがあります。その結果、上の図のように椎間板が椎骨からはみ出して、そこを通っている神経を圧迫してしまいます。その結果、神経が支配してい る身体の部分に痛みやしびれなどの違和感を引き起こすのです。

この椎間板ヘルニアは腰椎の4番5番辺りで好発するため、坐骨神経を刺激するケースが非常に多いのです。ヘルニアは40代までの比較的若い年代に多く発症します。高齢になると老化によって椎間板自体が委縮してヘルニアが起きにくいからです。

椎間板ヘルニアは急に体を動かした瞬間やスポーツ中などきっかけになる出来事があることがほとんどです。まずお医者さんの治療を第一に、身体が動かせるようになって症状が安定してから整体やマッサージ治療を併用すると良いでしょう。

三和気功ではまず患部の気の状態を診察してひどい異常がないかを確認してから施術に入ります。ヘルニアの急性期には強い 整体は患部には施さず、炎症を起こしている気を取り除く外気治療を施して炎症ができるだけ速やかに軽減するのを待ちますが、急性期には実は自宅で安静にし ていることが一番です。急性期を脱したら治療にお越しください。中医学では痛みは気のつまりによって起きると考えますので、三和気功では痛みの原因になっ ている悪い気を患部から出して、経絡の気を整え流れをよくしてから、良い気を入ることで痛みを改善します。痛みで硬くなった腰部や臀部の筋緊張を和らげる とともに、全身の気血の流れを整え、内臓も活性化し、患部の症状が緩和し改善することをサポートします。

関連記事

  1. 中国国家認定気功師

  2. 慰安ではなく治療家を目指そう

  3. 病人をやめる

  4. 病院では治療できない症状に対応できるようになりたい方必見

  5. 気を作る気功

  6. 秋は肺に注意

  7. 開業も夢ではありません

  8. 耳つぼセラピー

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    伝授ってなに?~そのカラクリを知る
  2. 読む気功講座

    本当の自分に出会いたい!~Goalってなに?
  3. 読む気功講座

    身体の毒素ってなんですか?
  4. 読む気功講座

    自分自身への信頼度「エフィカシー」とは?

過去記事