気功アロマの効用

日本に初めてアロマテラピーを紹介したとされるロバート・ティスランドの著書 ホリスティック・アロマテラピーにこんな一文があります。

 生命力あるいは微妙なエネルギーの概念は、きわめて古いものです。中国人はそれを「気(チー)」と呼び、日本人は「気(キ)」といい、インド人は 「プラーナ」と称します。あらゆる生きものは非物理的な生命エネルギーをもっています。私たちはそれをもっていますし、植物ももっています。そして自然の 精油もそれをもっています。

植物の「気」を含む精油と、人間(気功師)の「気」を、「気」の通り道である経絡や「気」の出入り口である経穴(ツボ)に送り刺激することは、物理的な肉体だけでなく、非物理的な生命エネルギーを高める効果が期待できます。

果たして気功アロマを受けた方が、より精神に効いたと感じられるか、より肉体に効いたと感じられるかはそれぞれですし、両方軽くなったと感じられる方もいられると思います。施術をする気功師もそんな感想をうかがうのが楽しみです。

関連記事

  1. 全身疲労、首肩のこりの施術のご感想を頂きました。

  2. 階段が楽に降りれます。

  3. 腰痛特別治療

  4. サンプル投稿8

  5. 陰陽のバランス

  6. 整体師さんセラピスさんのスキルアップに

  7. 蕁麻疹治療

  8. 三和気功の気功整体師養成講座はこんなところがいいです

読む気功講座

気功師養成プログラムベーシックコース「気功講座」テキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. セミナー

    気功師養成通信講座
  2. セミナー

    2018年10月 気功師養成プログラム in 東…
  3. 気功的lifeのすすめ

    今しかないことに気づいていますか?
  4. 施術エピソード

    どこでも遠隔治療

過去記事