気功アロマの効用

日本に初めてアロマテラピーを紹介したとされるロバート・ティスランドの著書 ホリスティック・アロマテラピーにこんな一文があります。

 生命力あるいは微妙なエネルギーの概念は、きわめて古いものです。中国人はそれを「気(チー)」と呼び、日本人は「気(キ)」といい、インド人は 「プラーナ」と称します。あらゆる生きものは非物理的な生命エネルギーをもっています。私たちはそれをもっていますし、植物ももっています。そして自然の 精油もそれをもっています。

植物の「気」を含む精油と、人間(気功師)の「気」を、「気」の通り道である経絡や「気」の出入り口である経穴(ツボ)に送り刺激することは、物理的な肉体だけでなく、非物理的な生命エネルギーを高める効果が期待できます。

果たして気功アロマを受けた方が、より精神に効いたと感じられるか、より肉体に効いたと感じられるかはそれぞれですし、両方軽くなったと感じられる方もいられると思います。施術をする気功師もそんな感想をうかがうのが楽しみです。

関連記事

  1. サンプル投稿5

  2. 病院やお薬では対応できない症状にも効果があります

  3. 受け方にもコツがあります

  4. サンプル投稿4

  5. 開業も夢ではありません

  6. 生活に役立つユーカリの香り

  7. 良い気と悪い気

  8. 新中野気功教室のおしらせ

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    書きたいけど書けない、ものすごく抵抗があるゴール…
  2. 読む気功講座

    現状にとどまることも生命の大切な選択肢です。
  3. 読む気功講座

    ゴール側の風景を味わう
  4. 読む気功講座

    遠隔ヒーリングのデザイン

過去記事