気功アロマの効用

日本に初めてアロマテラピーを紹介したとされるロバート・ティスランドの著書 ホリスティック・アロマテラピーにこんな一文があります。

 生命力あるいは微妙なエネルギーの概念は、きわめて古いものです。中国人はそれを「気(チー)」と呼び、日本人は「気(キ)」といい、インド人は 「プラーナ」と称します。あらゆる生きものは非物理的な生命エネルギーをもっています。私たちはそれをもっていますし、植物ももっています。そして自然の 精油もそれをもっています。

植物の「気」を含む精油と、人間(気功師)の「気」を、「気」の通り道である経絡や「気」の出入り口である経穴(ツボ)に送り刺激することは、物理的な肉体だけでなく、非物理的な生命エネルギーを高める効果が期待できます。

果たして気功アロマを受けた方が、より精神に効いたと感じられるか、より肉体に効いたと感じられるかはそれぞれですし、両方軽くなったと感じられる方もいられると思います。施術をする気功師もそんな感想をうかがうのが楽しみです。

関連記事

  1. 足首と膝の治療のご感想を頂きました

  2. 生まれ変わったみたいです!

  3. 気功師養成講座を体験された方の例

  4. 気功診察

  5. 頭痛の施術エピソードを追加しました

  6. 目が楽になった

  7. サンプル投稿10

  8. 開業も夢ではありません

読む気功講座

気功師養成プログラムベーシックコース「気功講座」テキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 日記

    気功を通して何を得たいですか?
  2. セミナー

    根拠のない自信と安心をもって生きる~自分を変えて…
  3. セミナー

    気功師養成プログラム 2018年対面コース9月~…
  4. 読む気功講座

    実在のない世界こそリアリティ

過去記事