トランス脂肪酸て?

トランス脂肪酸はご存知ですか?

自然界では反芻(ハンスウ)動物(ウシ・ヤギなど)の肉や乳にの脂質にわずかに含まれている物質ですが、私たちの健康に影響を及ぼすとされているの は人工のトランス脂肪酸で、植物油を200℃で長時間熱し、水素を添加し固形化する過程でできるものです。代表的な物でマーガリンやショートニングに含ま れます。加工品食品にも前述の油は多く使われていますので、健康によほど敏感でなければ、スーパーの品揃えを見る限り、多くの人たちが、無意識に摂取して いるのではないかと思います。

日本ではトランス脂肪酸の平均摂取量は全カロリーの0.3%で、米国の2.6%と比べると少ないのですが、体がほとんど消化できない油であるため、虚血性心疾患(冠動脈の閉塞・狭心症・心筋梗塞)の発症と認知機能の低下を引き起こすリスクがあります。

また、パン・ビスケット・ケーキ・スナック菓子などの加工食品に多く含まれるため、子供や若い人が平均より多く取り込む危険性があることも懸念されます。

4000~5000年前の古代中国の神、”神農”は民衆の病気を治療するため多くの草を試食し、1日72回の毒に当たったが、茶によって解毒された とあります。しかし現在の私たちは毎日気の遠くなるような種類の化学合成物を空気中や食物や肌から取り込んでいますが、神農が解毒のために飲んだお茶のよ うな、合成物を解毒する物は見つかっていません。

関連記事

  1. 元気になって気功師免許をもらうまでに

  2. サンプル投稿9

  3. サンプル投稿6

  4. 気功師養成

  5. どんどん良くなる

  6. 交流会について

  7. 治療のご感想を頂きました。

  8. 薬を飲まなくても良くなりました

読む気功講座

 

「気」でヒーリングができるようになる
ココロとカラダを整える5つのワーク ミニテキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    保護中: 脾の世界
  2. 読む気功講座

    気功師が手に入れたい世界観
  3. 読む気功講座

    身体を洗練する
  4. 読む気功講座

    無意識の書き換えと気功~ピュアな自分になること

過去記事