イライラにはオレンジを。

中医学では、イライラすることも病気、つまり健康ではない状態としてとらえます。

イライラは気のめぐりが悪く鬱滞することで引き起こされると考えられています。
気がめぐらず滞った状態を中医学では「気滞」といいますが、お腹が張ったり、頭痛、ひどい時には気が逆流して嘔吐したりむかつきを覚えたり、イライラして怒りっぽくなったり、気分が鬱々としてふさいだり、いろんな症状が現れます。

こんなときにおススメなアロマは オレンジ。

オレンジやベルガモットなど、多くのかんきつ系の精油は、気の滞りを良くし、幸せな感情を呼び起こして気分を明るくしてくれます。

生理前にイライラするといった女性や最近ストレスが溜まり気味という方はオレンジの香りを活用して、少しでもイライラを解消してみましょう。

関連記事

  1. 耳つぼセラピー

  2. 胸のしこりが小さくなって涙

  3. しびれがとれました

  4. 陰陽のバランス

  5. 全身疲労、首肩のこりの施術のご感想を頂きました。

  6. どうしてギブスの上からでも治療ができるのか

  7. 病気は内側から

  8. 子宮筋腫

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    書きたいけど書けない、ものすごく抵抗があるゴール…
  2. 読む気功講座

    現状にとどまることも生命の大切な選択肢です。
  3. 読む気功講座

    ゴール側の風景を味わう
  4. 読む気功講座

    遠隔ヒーリングのデザイン

過去記事