「陰陽五行説」…五行説

「五行説」は、万物は「木・火・土・金・水」の5つの要素で成り立っているとする考え方です。これらは相手を生かし助ける「相生」の関係と、相手の力を削いだり抑制したりする「相剋」の関係にあります。

木は燃えて火の勢いを盛んにし、火は灰となり土の養分に、土は金を産出し、金は冷えると表面に水が生じ(鉱脈より水が生まれて湧出するという説も)、水は木を育てます。こうした関係を相生といいます。
一方、相剋とは、木は土から養分を吸い、火は金を溶かし、土は水を濁らせ、金は木を伐り倒し、水は火を消してしまう、といった関係を指します。
陰陽論は陰と陽のバランスが重要ですが、五行説でも同じく、相生だけでなく相剋の関係も必要と考えます。1つの要素だけが勢いづくことは別な要素を衰退させることになり、調和が崩れてしまうからです。

こういった五行の考えに基づき、全宇宙にあるすべてのものが5つに分類されます。五季(春・夏・土用・秋・冬)、五色(青・赤・黄・白・黒)、五臓 (肝・心・脾・肺・腎)、五竅(目・舌・口・鼻・耳)、五味(酸・苦・甘・辛・鹹)などなど。ほかにも方位や数字、感情、音律、におい…と、あらゆる ものが分けられています。
これらもみな相生・相剋の関係で成り立っており、たとえば人の体で見てみると、目が疲れるときは肝が弱っている、酸味は肝を補うけれど摂り過ぎると脾臓や胃を弱らせる…などと解釈することができます。
少し知っておくと、日常でも役に立つことがあるかもしれませんね。

関連記事

  1. 大周天・小周天もおしえます

  2. 腰痛、肩こり、そしてギブスの方歓迎します

  3. 気功アロマの効用

  4. 坐骨神経痛を引き起こす疾患~脊椎分離症・すべり症~

  5. 痛みを止めることのできる治療的な技術を身につけて一つ上のセラピストへ

  6. 慰安ではなく治療家を目指そう

  7. サンプル投稿9

  8. 中まで通るから治療ができるのです

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    伝授ってなに?~そのカラクリを知る
  2. 読む気功講座

    本当の自分に出会いたい!~Goalってなに?
  3. 読む気功講座

    身体の毒素ってなんですか?
  4. 読む気功講座

    自分自身への信頼度「エフィカシー」とは?

過去記事