「陰陽五行説」…五行説

「五行説」は、万物は「木・火・土・金・水」の5つの要素で成り立っているとする考え方です。これらは相手を生かし助ける「相生」の関係と、相手の力を削いだり抑制したりする「相剋」の関係にあります。

木は燃えて火の勢いを盛んにし、火は灰となり土の養分に、土は金を産出し、金は冷えると表面に水が生じ(鉱脈より水が生まれて湧出するという説も)、水は木を育てます。こうした関係を相生といいます。
一方、相剋とは、木は土から養分を吸い、火は金を溶かし、土は水を濁らせ、金は木を伐り倒し、水は火を消してしまう、といった関係を指します。
陰陽論は陰と陽のバランスが重要ですが、五行説でも同じく、相生だけでなく相剋の関係も必要と考えます。1つの要素だけが勢いづくことは別な要素を衰退させることになり、調和が崩れてしまうからです。

こういった五行の考えに基づき、全宇宙にあるすべてのものが5つに分類されます。五季(春・夏・土用・秋・冬)、五色(青・赤・黄・白・黒)、五臓 (肝・心・脾・肺・腎)、五竅(目・舌・口・鼻・耳)、五味(酸・苦・甘・辛・鹹)などなど。ほかにも方位や数字、感情、音律、におい…と、あらゆる ものが分けられています。
これらもみな相生・相剋の関係で成り立っており、たとえば人の体で見てみると、目が疲れるときは肝が弱っている、酸味は肝を補うけれど摂り過ぎると脾臓や胃を弱らせる…などと解釈することができます。
少し知っておくと、日常でも役に立つことがあるかもしれませんね。

関連記事

  1. イライラにはオレンジを。

  2. 気功を始めてから腰の痛みがとれました

  3. コツコツ積み上げていく価値

  4. 気功師養成

  5. 養成講座受講生体験例

  6. 「三和」の本当の意味とは?

  7. 気功って何だろう

  8. 気功を身につけ「気」を本当に高めることができます

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 遠隔ヒーリングプログラム

    公開!遠隔ヒーリング20日間集中プログラム
  2. 読む気功講座

    ゴールセッティング~ゴールの前提を見極めよ~
  3. 読む気功講座

    ありのままの自分を抑えつける心の癖
  4. 読む気功講座

    気功とは?~ホメオスターシス同調~

過去記事