「陰陽五行説」…陰陽論

中医学の根幹となる思想に「陰陽五行説」というものがあります。森羅万象すべてを陰と陽に分けて考える「陰陽論」と、あらゆるものを5つの要素に分類する「五行説」を組み合わせたものです。

陰陽論を表す太極図は、白と黒の勾玉のようなものが組み合わさった形をしており、さらにその中にはそれぞれの色を反転させた(白の中には黒の、黒の 中には白の)小さな丸が描かれています。これは陰陽のバランスや循環を表し、中にある小さな丸は、陰の中にも陽があり、陽の中にも陰があることを示してい ます。

季節がめぐるのも陰陽の循環と考えます。冬の寒さが極まれば春になり、夏を迎え、暑さが頂点に達したら秋へとスイッチが切り替わります。
また、陰と陽はいずれも同じ比率で有しているのがよいとされています。「月・夜・女・地・内・寒 etc.」は陰、「太陽・昼・男・天・外・熱 etc.」は陽、などと分類されますが、これらはただ対立するというだけのものではなく、対極にありながらも影響し合い、補い合う関係でもあるのです。

万物はとどまることなく流動しています。また、人間の体の中にも陰と陽はあり、常に揺れ動いています。外的要因、内的要因を含め、心身のバランスを保つための知恵が中医学であるともいえるのです。

関連記事

  1. 気功って何だろう

  2. 痛みを止めることのできる治療的な技術を身につけて一つ上のセラピストへ

  3. 気功ダイエットではどんなことをするのですか?

  4. サンプル投稿2

  5. サンプル投稿3

  6. サンプル投稿4

  7. 気功は自律神経のバランスを取るのに有効です

  8. 歩いてこられるようになりました!

読む気功講座

気功師養成プログラムベーシックコース「気功講座」テキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. セミナー

    気功師養成通信講座
  2. セミナー

    2018年10月 気功師養成プログラム in 東…
  3. 気功的lifeのすすめ

    今しかないことに気づいていますか?
  4. 施術エピソード

    どこでも遠隔治療

過去記事