気功を始めてから腰の痛みがとれました

気功は、とくに激しい動きや、難しい動きを必要としない運動です。しかしながら、「健康のために軽い運動をしましょう」というレベルにとどまらないのが気功なのです。

気功の動きはとてもシンプルに見えます。でも実際にやってみると最初はなかなかスムーズには体が動きません。普段使わない筋肉を使ったり、身体に余分な緊張があるときれいな形にならなかったり、意外とうまくいかないものです。

それでも、続けてやっていると自然と体の緊張が徐々に取れていって、しなやかでゆったりした動きを体現できるようになっていきます。

こうした変化は、単に余分な体の力が抜けるということ以上に、気の通りの良い体、つまりエネルギーの通りやすくエネルギーに敏感な体質というものを作っていくという意味があります。

その結果、気の滞りやすかったところの気の流れが良くなって、痛みが和らいできたり冷えが改善してきたり、気持ちが落ち着いてきたり、気分が良くなってきたり、身体のあちらこちらでビリビリするような感覚や温かいものを感じるといった現象が起きてきます。

「気功を始めてから腰の痛みが取れちゃいました」「気功をやっていると手がピリピリしてきます」「気功をやっていると温かくなります」なんていうエピソードは皆さんからよく耳にするのです。

関連記事

  1. 生活に役立つユーカリの香り

  2. 坐骨神経痛の原因になる疾患~椎間板ヘルニア~

  3. 陰と陽

  4. 馬先生、こんなこともありました

  5. 陰陽のバランス

  6. 気功師養成

  7. 病院やお薬では対応できない症状にも効果があります

  8. 気を作る気功

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    気が感じられません
  2. 読む気功講座

    身体を洗練し続けていくことに終わりはあるのか~パ…
  3. 読む気功講座

    督脈と任脈~小周天
  4. お知らせ

    読む気功講座ミニレッスン

過去記事