気功を始めてから腰の痛みがとれました

気功は、とくに激しい動きや、難しい動きを必要としない運動です。しかしながら、「健康のために軽い運動をしましょう」というレベルにとどまらないのが気功なのです。

気功の動きはとてもシンプルに見えます。でも実際にやってみると最初はなかなかスムーズには体が動きません。普段使わない筋肉を使ったり、身体に余分な緊張があるときれいな形にならなかったり、意外とうまくいかないものです。

それでも、続けてやっていると自然と体の緊張が徐々に取れていって、しなやかでゆったりした動きを体現できるようになっていきます。

こうした変化は、単に余分な体の力が抜けるということ以上に、気の通りの良い体、つまりエネルギーの通りやすくエネルギーに敏感な体質というものを作っていくという意味があります。

その結果、気の滞りやすかったところの気の流れが良くなって、痛みが和らいできたり冷えが改善してきたり、気持ちが落ち着いてきたり、気分が良くなってきたり、身体のあちらこちらでビリビリするような感覚や温かいものを感じるといった現象が起きてきます。

「気功を始めてから腰の痛みが取れちゃいました」「気功をやっていると手がピリピリしてきます」「気功をやっていると温かくなります」なんていうエピソードは皆さんからよく耳にするのです。

関連記事

  1. 帯脈を開く

  2. 「気功」整体です

  3. 良い気と悪い気

  4. 気功師養成講座ガイドライン

  5. 病院では治療できない症状に対応できるようになりたい方必見

  6. 寝ている間にいつのまにか痛くなくなってた

  7. 健康気功個人レッスンやっています

  8. コツコツ積み上げていく価値

読む気功講座

 

「気」でヒーリングができるようになる
ココロとカラダを整える5つのワーク ミニテキスト無料でプレゼントします。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    保護中: 脾の世界
  2. 読む気功講座

    気功師が手に入れたい世界観
  3. 読む気功講座

    身体を洗練する
  4. 読む気功講座

    無意識の書き換えと気功~ピュアな自分になること

過去記事