病気を体験することで得られるものがあるからこそ人は病気になるのです

病気は、その体験から何かを得るために与えられたギフトです。というより、魂が自ら望んでその体験を選びます。自分自身の意思を超えたところで、病気を体験することによって得られるものがあるからこそその体験を選ぶのです。

ですから「なんで病気になったんだろう」「何をしたら治るかな」「私がこんなにつらいのは○○のせいだ」などと病気の原因やそれを遠ざける方法を自分の外側に求めてもあまり意味のないこと。

少なくとも「この病気を体験することで得られるものは何か」「私の何がこの体験を求めているのか」「病気を手放すためには何が必要か」と自分に問いかけるほうが意味があるかもしれません。

よって病気が治らないことの最終責任を、医者や薬や何らかの療術者に取らせたり押し付けたりする姿勢は、病気でいることをやめることにとっては一番縁遠いものでしょう。

自分の責任と選択によって病気を体験し、そして手放すのだということを忘れてはいけないと思います。

そのお手伝いを我々はさせていただくだけです。

ありのままを観て触れる 気功整体 やってます.

関連記事

  1. 気功を始めてから腰の痛みがとれました

  2. 坐骨神経痛の原因になる疾患~椎間板ヘルニア~

  3. ヒーリングモニターになりませんか?

  4. 両手の間にあるもの

  5. 坐骨神経痛の原因となりうる疾患~梨状筋症候群~

  6. 炎症が治まりました

  7. 足首と膝の治療のご感想を頂きました

  8. 坐骨神経痛を引き起こす疾患~脊椎分離症・すべり症~

おしらせ

 

気功ヒーリングモニター(無料)
募集しています。気功を体験してみたい方は是非どうぞ。

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    ウナ~立つことは人の根源
  2. 気功的lifeのすすめ

    腕の抽象度を上げる
  3. お知らせ

    気功をやって感じたチクチクとムズムズ
  4. お知らせ

    ヒーリングモニターになりませんか?

過去記事