気功師養成のガイドライン

三 和気功でお勉強するのは「医学気功」です。入門の初期には基礎的な気功で自分の気を高めて体を強くし、経絡の通りやすい体にして気に対する感受性を高めま す。基礎を作ってから、段階を追って徐々に実践的で高度な気功を学んでいきます。具体的には次のような目標を段階的にクリアできるように指導していきま す。

・「気」について理解する
・「気」を感じることができる
・丹田を意識することができる(グラウンディング)
・自分の中心軸を感じることができる(センタリング)
・物質を透過する三和秘伝の「気」をみにつける
・自然や宇宙から「気」を自分に取り込むことができる(根源とつながる感覚を養う)
・悪い気や病気をもらわないように対処できる
・悪い気を体の中から出すことができる
・「気」を人に与えることができる
・気功治療の理論を理解する
・陰陽五行論について理解する
・経絡や経穴(ツボ)について理解する
・気功診察で病変や異常のある場所を感じることができる
・止痛の気功術ができる
・悪い気を出し良い気を入れるという三和の気功術ができる
・周天功(大周天・小周天)※ができる

※周天功=経絡に沿って体内に気をめくらす気功の方法。気功師にとって気の質や体質を維持向上させるために重要な功法であり、エネルギー回路を作り開いていくうえでも大切な功法です。

関連記事

  1. 気功師に不可欠な大周天・小周天

  2. 4月28日 三和気功交流会にご参加ください

  3. 子宮筋腫

  4. 腕の抽象度を上げる

  5. 階段が楽に降りれます。

  6. 治療のご感想を頂きました。

  7. 三和の整体は「気」を中心に考えています。

  8. 準備が本当に大切です

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    自分はなんて愚かなんだという絶望
  2. 読む気功講座

    呼吸一つでいろんなものが書き変わる
  3. 読む気功講座

    ゴールノートをつくろう!!
  4. オンライン講座

    オンライン講座「ヒーラーの呼吸」

過去記事