読む気功講座ミニレッスン

月に数回のミニレッスン

読む気功講座ミニレッスンは、初心者のための
気功の個人レッスンです。

☑気功をやってみたいけれど、
 自分に
できるかどうかわからない
☑気を感じられないのにどうやって
 気功を学べばいいのかわからない
☑体験として気功を学んでみたい
☑理論が難しくてついて行けそうもない
☑毎月すこしづつ勉強したい

このような方にはうってつけのレッスンです。

気がわからない、気が感じられないという人は
単に、身体がスコトーマ(盲点)に隠れているだけです。
一般的な表現をすれば、「鈍感」になっているだけです。

それでも、頑張って生きている人ほど、
自分の不調すらわからなくなるほどに
自分の身体に「鈍感」になっているものです。

そして、本当に病気になるまで不調に気がつきません。

レッスンでは気功によるヒーリングを
通して、身体のスコトーマを外し
徐々に、まずは気を感じられるように、
身体を意識に上げられるようにしていきます。

あなたの目標やゴールを確認しながら
身体をご一緒に洗練し続けていくうちに、
サラリと情報空間を移動し、
現実に見える風景を変えていきます。

無意識から変えていく

気功の興味深く、素晴らしいところは
気功による身体変化が無意識レベルで
サラリと行われることです。

例えば、スポーツのフォームを身につけるとき、
いくら意識でフォームを想い描き、意識的に変えよう、
こうしようと頑張ってもたいていはうまくいきません。

スポーツのフォームや型というのは
意識的に獲得するのは至難の業で、
「身体で覚えよ」
「体得せよ」
といわれるように、
無意識のうちに、
感覚的に獲得するものです。

そこには意識の介入する余地はないのです。

意識ができることと言えば、
成功した後に、
「ここが変わったからうまくいった」と
分析し、結論づけることくらいです。

身体性とは無意識と直結しているのです。

気功とは身体性=無意識に働きかけて
心と体を洗練していくことです。

それは、病気を辞めることであれ、
人間関係を改善することであれ、
運動能力を上げることであれ、
ダイエットであれ、
成功を手に入れることであれ、

あなたのゴール(どの方向へ進みたいか)に合わせて
いかようにでも活用できるスキルなのです。

ミニレッスンではそのような気功に関する
理論から実践までを40分ほどのお時間の中で
学んでいきます。

1回 12,000円 スカイプによるオンラインレッスン

レッスンの中で学んだことを日々実践しながら
感じたこと
気づいたこと
疑問に思ったこと
変化したことなどを
フィードバックとしてメールしてください。

レッスンを受ける→実践する→フィードバックをメールする
→実践する→フィードバックをメールする→…

この繰り返しだけでも、
あなた次第でどんどんご自身を洗練し
シフトしていくことが可能です。

受講方法

受講方法は
①まずは下記のフォームより「読む気功講座」にご登録ください。

その際、ミニレッスンの受講希望の旨と
1ミニレッスン受講動機
2性別
3年齢
4お仕事
5お住まいの地域(都道府県)
をご記入ください。

②レッスン受講者専用のメールアドレスから
 レッスンのご案内をさせていただきます。

③レッスンのご案内は月2回ほどのペースで
 毎回毎回テーマに沿って行われますが、
 レッスンを希望する場合は
 ご案内メールに返信する形でご予約ください。

④レッスンで習った気功を日々つかって
 感じたこと、気づいたこと、疑問に思ったことを
 フィードバックとしてメールしてください。

ご登録はこちら

関連記事

  1. 4月28日 三和気功交流会にご参加ください

  2. 気功師養成のガイドライン

  3. 養成講座受講生体験例

  4. 気学鑑定のご相談・ご予約受け付けております!!!

  5. 養成講座 6つの特徴

  6. ミニテキスト無料でプレゼントします。

  7. 気功師養成講座ガイドライン

  8. 今まで気功をやっても出来なかったという方是非おススメします

おしらせ

 

「読む気功講座」を読んでやってみる。わからないことややり方はいつでも何度でも聞くことができる。これだけでも、あなた次第で本当に大きな成果を出すことができます!さらに、受講申込者限定の気功ヒーリングレッスンを受けられます。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    伝授ってなに?~そのカラクリを知る
  2. 読む気功講座

    本当の自分に出会いたい!~Goalってなに?
  3. 読む気功講座

    身体の毒素ってなんですか?
  4. 読む気功講座

    自分自身への信頼度「エフィカシー」とは?

過去記事