オンライン講座 「気の球をつくる」

「気の球」の正体

気とは何か?
様々な表現で「気」について語られています。

例えば

生命エネルギーであるとか、
万物の根源的エネルギーであるとか、

中医学においては万物を構成している
精微な物質であるとも考えられています。

また、気力とか気配といった言葉で表されるように
何かしら精神的な力のように論じられることもあります。

また、気に似たような概念は古くから世界各地にあります。
プラーナやマナなどもそうです。

何が正解であるかを論じるのは実はあまり意味がありません。
そのどれもが正しいからです。

その上で、三和気功は「気」とは何かを理解する際に
認知科学的な見解を採用します。

私たちが気功をやる際に実際に感じる「気」とはなにか、
それは脳が感じる感覚の一つである、
すなわち
気とは共感覚であるということです。

感覚情報が現実を生む

気とは共感覚であるとはどういうことなのか、
もう少し理解を深めましょう。

共感覚について説明する前に
まず、私たちがどのように「現実」を体験しているのか
について考えてみてください。

あなたの目の前にある現実、それを認識(体験)できるのは
あなたに五感が備わっているからです。

私たちは感覚を通して現実を体験しているのです。

あなたの耳に入っている音という情報は
聴覚神経を通して脳に伝えられ、
脳はその音が何の音であるのか認識します。

同様に見ることで視覚神経によって入ってきた情報によって
脳はそれを認識します。

触覚神経によって触れることで入ってきた情報によって
脳はそれを認識します。

このように、五感にって入っている複雑な情報を
脳が処理することで私たちは世界と自分を認識しているのです。

では五感が全くない世界を想像してみてください。
そこでは果たして現実という体験は生まれますか?

感覚による認知が現実をつくっています。
たとえ目の前にかぐわしく香る美しい花が咲いていたとしても、
一切の感覚がなければ、それはないに等しいのです。

視点を少し変えて考えてみると、
感覚とは「ないもの」を「あるもの」=リアルなものとする脳の機能なのです。

よって、感覚によって生じたことは
その人にとってはリアルであり、現実なのです。

共感覚とは

共感覚とは
五感情報を相互置換して感じる感覚のことです。

音を聞くと色が見えたり、文字を見ると色が見えたり、
冷たさや痛みと感覚とともに色が見えるといったケースがあります。

共感覚とは
本来の受容器が受け取った情報を
違った知覚として認識する感覚能力と言えます。

そしてこれは特殊な人たちに限られた能力ではなく
私たちの中にある程度備わっている能力なのです。

嘘くさい、胡散臭い、
青二才、甘酸っぱい思い出、苦い経験、腹黒い、熱い情熱、
明るい雰囲気、気配を感じる…などの表現でわかるように

概念的な何らかの情報、
触れたり見えたり、聞いたり、嗅いだり味わったりはできないであろうものを
私たちは五感的に感じているのです。

これは定義上共感覚と言えます。
これがつまり、「気」を感じるという能力なのです。

これを日常的に意識に上げることができるかどうかが
気功師として大切なことですし、

こうした感覚を磨いていくことが気功師として必要になってきます。

気とは「情報」であり、
情報を五感に変えて感じる能力
すなわち気を感じる能力です。

気の球をつくってみよう

気の球を実際につくることで、
「気の球」や「気」は
あなたの脳はリアルだと認識します。
あなたにとっては現実に存在するものとして
リアリティが生まれます。

気の球の作り方は気功師養成プログラムの中でも
一番最初に丁寧に学んでいきますが、
オンライン講座でももちろん学んでいきましょう。

と言うわけで、
オンライン講座では実際に気の球をつくり、
気の球を洗練させて行くことを学んでいきます。

気の球はすなわち、気を感じる、気を出すというスキルを含んでいます。
気功とは共感覚を利用した技術である以上、
気功を使いこなして行くにはまず、
気を感じたり気を出したりすることが
自分にとってリアルなものである必要があります。

実際に、この気の球はすべての気功技術や
ヒーリングのベースというか、
インフラとなります。

とはいえ、この気の球を洗練させていくことだけでも、
驚くほど大きな力を発揮していくこともできます。

「気の球」のヒーリングを受け体感を
丁寧に意識に上げていくことで簡単に気の球を
つくることができるようになります。

すでに気の球がつくれるという方は
さらにそのスキルを洗練させていくことができます。
この「気の球」の講座なり伝授なりに関しては特に
2回、3回と受講することでより理解が深まり、
圧倒的に気功の能力そのものを上げていくことができると言えます。

気功技術は実はとても沢山在りますが、
沢山気功技術を持っていたとしても、
すべてのインフラである「気の球」がどれくらい
心と身体に落とし込まれているかでその技術の洗練度は変わってきます。

逆に他の気功技術など無くても、気の球だけを洗練していくことだけで圧倒的に
成果が出るとも言えます。

そしてとっても大切なのはフィードバックです。

何度も何度もやってみてフィードバックをとっていくことが
気感(気を感じる感覚)を養う秘訣です。

お申し込みについて

お申し込みは下記のフォームから送信してください。

講座はおおよそ40~50分ほどです。
気功技術の伝授をご希望される方は講座の後10分程度お時間が必要です。

伝授の上書き(再伝授)など、伝授のみの場合は10分ほどですが、
初回の伝授の場合は講座も合わせてご受講ください。

受講料 ¥12,000

気功伝授料 ¥20,000

  • 初めてのお申し込み方は、
    お申し込みフォームの送信をされますと自動的に「読む気功講座」の読者として登録されます。
    同意される方のみお申し込みください。
  • 料金の決済完了をもって
    ご予約完了とさせていただきます。

お申し込みフォーム

 

関連記事

  1. オンライン講座「ゴール設定」

  2. オンライン講座「ヒーラーの呼吸」

  3. オンライン講座・伝授

  4. オンライン講座「ウナ」

  5. オンライン講座「封入」

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    私たちは情報空間を移動し続けている
  2. 読む気功講座

    絶望は希望の裏返し
  3. 読む気功講座

    書きたいけど書けない、ものすごく抵抗があるゴール…
  4. 読む気功講座

    現状にとどまることも生命の大切な選択肢です。

過去記事