ふと見渡せばいつの間にか違う風景の中にいる

愚直で地味な取り組みだけが
次の扉を開く鍵になります

三和気功の生徒さんやクライアントさんの中でも
どんどん変化し続けていつの間にか
大きくシフトされていく方は、
絶対的に、
こまめにセルフヒーリングを行い、
これもバカがつくくらい
フィードバックを丁寧にとられます。

そういう方は毎日のようにメールで
ご自身の気づきや変化や湧いてきた疑問などを
ご報告くださいますし、
必要なときにはどうすれば良いですかとご相談もくださいます。
日頃のセルフヒーリングを通して行う
メールでのやりとりの中にこそ、
自分を進化させる情報があふれていることを
そういう方たちはよくご存じなのです。

ご自身のGoalや望みに対する真摯な
姿勢にいつも感服させられています。

フィードバックをとるとき、
なんとなくそんな気がしたとか、
なんとなくそんな感じがしたということは
地味でインパクトに欠けていて、

フィードバックというものは
なにかすごい発見や感覚を得てしかるべきなのだと
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

でも、うっすらとした、心許ない感触こそ、
大切に丁寧に向き合ってみる価値のあるものなのです。

ですから、たいしたことを述べる必要は無く、
感じたこと、浮かんだことを、
うまくはまる表現を探りつつ
言葉にしていくことが上手なフィードバックの取り方です。

こちらのクライアントさんも
毎日のようにひたすらセルフヒーリングに取り組まれ
丁寧に丁寧にフィードバックをメールで送ってくださいます。

そして、いつの間にか、
ご自身が望んでいた変化を
目の当たりにされる体験をしておられます。

(40代 主婦)
今朝、また考えながら先生にメールを書いていたら、
お金を渡すという行為に乗っかっている父の愛情をみたのです。
今までどうして見えなかったのだろうと思いました。
父の言動はやっぱり好きになれないなって思うこともあります。
結界を張ったりしているから前みたいに
それで一気にエフィカシーが下がるってことはないのですが、
少し距離をとって眺めてみると、
父なりの沢山の気持ちが
あふれていることに気づきました。
数ヶ月前には考えられないくらい、
実家の居心地が良くて、いつも早く帰りたいとしか思わないのに、
思いのほかリラックスして楽に過ごすことができました。

このクライアントさんはかつてご両親との関係性の中で
エフィカシーを喪失し、人生をつくり出す力など自分にはないと
身も心もボロボロになっていらっしゃいましたが、

この方ご自身が愚直にセルフヒーリングに取り組まれ、
わからないことは取るに足らないことでも質問し、
ご自身の心と身体をしっかりマネージしてこられたからこそ
見えてきた世界なのです。

「親と子」という関係性の中にもまた、
DNAレベルですり込まれている独特のストーリーがあります。

親と子というものは
単純に、お互いを頼りにしたり、期待したりし、
自分のことを理解してしかるべき相手だという強い思い込みが
無意識に存在しています。

でも、それも「親と子」というストーリー性を持った情報にすぎないと、
一つ上の視点で観ることでそれに縛られたり、支配されなくなりますね。
親や家族とのストーリーは、
自分自身のGoalやwant toを見えなくし、
自分の人生を盲目に生きることに陥る危うさを持っています。

釈迦やイエスは早くに親、家族を捨てましたね。

こうした視点もまた
こクライアントさんの
身体の抽象度が上がることによって
見えてきた、
地道なセルフヒーリングの賜物なのです。

あなたも気功を通して
いつの間にか違う風景の中にいる自分と
出会っていくことができます。
詳細はこちらのレッスンでも
学んでいくことができます。

関連記事

  1. 保護中: 脾の世界

  2. 三和の整体は「気」を中心に考えています。

  3. 過去への退行催眠のようなヒーリング体験

  4. なぜGoalを書く必要があるのか

  5. 新中野では無料体験実施中です!!!

  6. 坐骨神経痛の原因になる疾患~脊柱管狭窄症~

  7. 気功師が手に入れたい世界観

  8. 気功診察

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    書きたいけど書けない、ものすごく抵抗があるゴール…
  2. 読む気功講座

    現状にとどまることも生命の大切な選択肢です。
  3. 読む気功講座

    ゴール側の風景を味わう
  4. 読む気功講座

    遠隔ヒーリングのデザイン

過去記事