全部気のせい…笑

先日こんなご相談をいただきました。

「本やブログの情報をたよりに
気のヒーリングをしようと思うのですが
自分でやると気が単なる思い込みで
終わってしまう気がして心配です」

自分でどんどんやってみようという姿勢はとてもステキです。
ナイストライです!
成果を出すためにはこういうマインドセットはとても役に立ちます。

ただ、それも自分でやっているだけでは思い込みになってしまって
きちんと出来ないのではないかという懸念が当然ありますよね。

もちろん本に書いてある情報を読んで自分でやるのと、
伝授を受けたり、ヒーリングの理論をきちんと学ぶのとでは
それは当然効果や結果に雲泥の差があります。

なのできちんとヒーリングを機能させていきたいのであれば
ひとまずきっちり学ぶことが必要です。

でも、自分が気がちゃんと作れているかどうか、
この「気」は全部思い込みかも知れないと感じている。
それって実はとても重要なポイントでもあります。
実は「気」は全部思い込みだからです。

試しに確認してもらいたいのですが、気を感じたからといって、
実際にそこに物理的な「気」というものがありますか?

ないでしょう?

実際のところ、

気をありありと感じている時、気の存在をリアルに認識しているとき、
私たちはそこに「気」が出現していると「思い込んでいる」だけなのです。

文字通り「気のせい」ってことです。

そもそもが思い込みであり、気のせいである。

これがヒーリングエネルギーや気功の本質的な部分であり、
私たちが「不思議」に感じてしまったり
「ほんとなの?」って感じてしまう理由です。

顕在意識(理性)では、
そこに「気」なんてないことはわかっているのに、
無意識はそうは思っていない。
なぜなら実際に手のひらに気感を感じ、
温かくなったり、気が流れる感覚が生じたり、

身体は、そこに「気」があるものとして反応してしまうからです。

無意識レベルで、
そこにあると思うから物理として現象化します。

情報空間の臨場感が高まって物理化するというパラダイムに
私たちの顕在意識はまだまだ慣れていませんが、
ヒーリングや気功とはこの新しいパラダイムの中で
はじめて理解出来る技術なのです。

そうなると
どんな結果もそれはあなたの思い込み次第だし、
どんな現実もそうなると思っているからそうなるし、
あると思えばあるし、無いと思っているから無いってことになります。

すべて「気のせい」なのです。

これを当たり前の感覚として身体レベルで理解するには
まだ私たちのIQが追いついていないので知識が必要ですし、
訓練も必要です。

天動説から地動説にパラダイムシフトした時代にも
人類の集合的なIQは最初はそれに追いついていませんでしたよね。

でも、新しいパラダイムをすぐには理解できなくても、
そういうものなんだと認識しておくことはとても大切です。

そして
「なんだ、全部気のせいなんだ、思い込みなんだ」
と思えることは、人生にはとても機能します。

全部思い込みなのであれば、深刻になる必要がなくなるし、
思い込みをかえればなんとでもなるよね ってなるので、
現実や自分は容易には変わらないという古い思い込みから
自由になることができるからです。

人生は軽やかでありたいのです。
自由自在に未来側へ移動していくためには
「自分次第で自由に変えられるんだ」という
軽やかな感覚が必要ですからね。

ヒーリングや気功を日常に取り入れることは、
そうした感覚を自分のものにするためにも
とても役に立ちます。

まずは気をつくり出すことから始めてみませんか?

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンライン講座
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

関連記事

  1. 自らにスクラップandビルドをしかける

  2. ゴールセッティング~ゴールの前提を見極めよ~

  3. どうしようもない気持ちやモヤモヤはとりあえず気の球に入れてみる

  4. 未来だけを縁(よすが)にする

  5. 感じるか感じないかは問題ではない

  6. 心と身体をゴール側へと書きかえていくプロセス

  7. ヒーリングデザインを更新しました

  8. 睡眠は心と身体にとって何物にも勝る宝物

メルマガご登録


メルマガにご登録ください。初学者の方に気功を体験していただくための無料テキスト付き。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。


詳しくはこちら

お知らせ


心身の不調は気功で驚くほど改善します。気功ヒーリングを体験してみませんか?

▶詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    「胸」を解放する
  2. 読む気功講座

    自分と向き合うことが自分自身の可能性を引き出す
  3. 読む気功講座

    足元の身体開発
  4. 読む気功講座

    心身一如の鍛錬法

過去記事