全部気のせい…笑

先日こんなご相談をいただきました。

「本を読んで気の球のヒーリングをしようと思うのですが
自分でやると単なる思い込みで終わってしまう気がして心配です」

自分でどんどんやってみようという姿勢はとてもいいですよね。
ナイストライです!
こういうマインドセットが結果的に大きな成果を生み出します。

ただ、それも自分でやっているだけでは思い込みになってしまって
きちんと出来ないのではないかという懸念がでてくるんですね。

はい。もちろん本に書いてある情報を読んで自分でやるのと、
伝授を受け、気功のカラクリを学んでから同じ事をやるのとでは
それは当然効果や結果に雲泥の差があります。

なのでもっともっと気功を機能させていきたいのであれば
ひとまずきっちり学んでください。

でも、ここで気功師が
きちんと理解しておくべき大切なポイントに
この方は無意識に言及しています。

「思い込みになってしまう」

という部分ですね。

ここで皆さんに確認してもらいたいのですが、「気の球」を
つくってみたとして、実際にそこに気の球がありますか?

気を感じられたからといって、実際にそこに物理的なものが
ありますか?

ないですよね?

気の本質は情報なのです。
実際のところ、
この方のおっしゃるとおり、私たちはそこに気の球があると
「思い込んでいる」だけなのです。

文字通り「気のせい」なんです。
あると思っているからそこに気が出現するのです。

そもそもが思い込みであり、気のせいである。

これが気功の本質的な部分であり、
私たちがなかなか身体で理解出来ない部分なのです。

現代科学の新しいパラダイムでは
そこにあると思うから物理が存在するということになっています。

情報空間の臨場感が高まって物理化するというパラダイムですね。
これにどうしても私たちはまだまだ慣れることが出来ません。

でも、気功とはまさにこの新しいパラダイムの中で
はじめて理解出来る世界なのです。

どんな結果もそれはあなたの思い込み次第なのです。
どんな現実もそうなると思っているからそうなるし、
あると思えばあるし、無いと思っているから無いのです。

すべて「気のせい」なのです。

これを当たり前の感覚として身体レベルで理解して操るには
私たちのIQが追いついていないのです。
知識が必要ですし、訓練も必要です。

天動説から地動説にパラダイムシフトした時代にも
人類の集合的なIQは最初はそれに追いついていませんでした。

でも、そういうものなんだと新しいパラダイムを
理解せずとも認識しておくことは大切です。

そして、私たちにとって「なんだ、全部思い込みなんだ」
くらいの軽やかさというのはとても機能します。
じゃあ、思い込みをかえればなんとでもなるよねってなるので、
変に重たくなって身動きがとれなくなる事がなくなります。

人生は軽やかでありたいのです。
ゴール側へどんどん移動していくためには軽やかさが必要ですからね。

気=情報と仮に定義すると
「気功」とはまさに情報の働きを知ることであり、
情報を操ることなんです。

情報を操ることで現実に変化を起こしていく技術、
それが気功です。

例えば気の球をつくり出すことだけでもすでに情報操作ができています。
ないものをあることにしてしまっているのですから。

面白いと思いませんか?

 

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンライン講座
オンラインセッション
中国伝統気功

無料企画
遠隔ヒーリング

関連記事

  1. まずは身体から

  2. 自分で自分の身体を書きかえてみる~セルフヒーリング

  3. ゴールがなかなか出てこない、フィードバックがなかなかとれないという時は…

  4. 無料ヒーリングの価値や効果について

  5. 無意識の書き換えと気功~ピュアな自分になること

  6. ふと見渡せばいつの間にか違う風景の中にいる

  7. 不安や抵抗は想定しておくこと

  8. ホメオスタシス~最大の敵

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    ネガティブを何とかしようとするな
  2. 読む気功講座

    自分で自分の身体を書きかえてみる~セルフヒーリン…
  3. 読む気功講座

    自分へ問い続けることが人生をつくっていく
  4. 読む気功講座

    幸せも絶望も超えて

過去記事