好転反応が辛いです。どうにもならないのでしょうか。

現在継続して実施している遠隔ヒーリングにご参加の方からは

好転反応が辛すぎる。
どうにかならないのでしょうか。

というお声を複数いただいております。

ヒーリングを受けるということは
強烈に心と身体に働きかけるということですから、
30分というボリュームのヒーリングを連日受けるということは
かなりの影響が出てもおかしくありません。
気功で日々鍛錬していて身体が出来ている方ならまだしも、
そういうことを知らない方にとってはかなりのインパクトだと思います。
(害はないんですけれど)

身体に刻まれた情動記憶や
古いアルゴリズムに揺さぶりをかけるということなので

痛みが出たり、だるさが出たり、
やたらと眠い、身体が重い、下痢をする、吐き気がするとか、
怒りや不安などによって情緒不安定になったり、

はっきり言って、辛いです。

逆に言えばれそくらい、ゴールにとっては不要なアルゴリズムが
心と身体に書き込まれているということです。

でも、そういう反応が出ることは
現状を脱してゴール側へと移動したいのだという
強烈な無意識の欲求があるからこそなのです。

無意識にはもともと生存欲求が備わっています。
ヒーリングを受けて反応が出ても死ぬことはありません。
ですから、私は基本的には特に何も対処をしません。

そういう時は
基本的に休むこと、セルフヒーリングに取り組むことを推奨します。
昼寝をし、食べたいものを食べ、仕事をさぼり、好きなことをして
だらだらすることをおすすめしています。

痛みのない成長などありえません。
さらに高い場所を見ようとするときには
必ず痛みや別れを経験します。
自分というものを運営していた古いシステムを崩して
新しいシステムを導入することですから、
何もない方がむしろおかしいと思います。

ゴールのために何を今選択するのかによって、
自ずと自分のやるべきことは見えてきます。

それは決して頑張ることではありません。
努力もいりません。
want toにしたがって今できることを地道にやるだけです。

とはいえ、
連日ヒーリングを受けるということは
かなりハードなことでもあります。
ちょっとしんどいなと思われる方は
時々お休みを入れたりしながら進まれると良いですね。
毎日受けることが必ずしもBESTではありません。

ヒーリングを「頑張って」受ける必要は無いのです。
頑張ることはゴール達成には全く関係が無いばかりか
逆に足を引っ張ります。

必ず「want to」で受けてくださいね。

好転反応についてはこちらの記事も参考になります。

ご提供メニュー
気功師養成プログラム
気功師養成プログラムアドバンス
オンラインセッション
中国伝統気功

関連記事

  1. 気功は情報の書き換えスキル

  2. 保護中: 心包と五腑、三焦

  3. 瞬間はその瞬間に崩れ去っています!?

  4. 帯脈を開く

  5. 無意識は常に正しいのか

  6. 身体の毒素ってなんですか?

  7. ゴールノートをつくろう!!

  8. 俯瞰してみるための心と身体

おしらせ

 

初学者の方に、気功を体験していただくための無料テキスト。気を感じたり出したりすることは難しいことではありません。

詳しくはこちら

おすすめ記事 最近のおすすめ

最近の記事

  1. 読む気功講座

    自分はなんて愚かなんだという絶望
  2. 読む気功講座

    呼吸一つでいろんなものが書き変わる
  3. 読む気功講座

    ゴールノートをつくろう!!
  4. オンライン講座

    オンライン講座「ヒーラーの呼吸」

過去記事